文字サイズ
HOME > くらしの情報 > ごみ・環境・動物愛護・墓地 > 環境 > 野焼きについて
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
福祉・介護
消費生活
野焼きについて

 

廃棄物(家庭から排出されるごみ)を焼却する行為(ごみの野焼き)は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、不法投棄と同様に禁止され、処罰の対象となっています。

 

ごみを屋外で焼却する行為は、大気汚染や悪臭の原因になります。また、空気中に飛散した灰やにおいは、洗濯物などを汚す原因等にもなります。近隣住民の方に迷惑をかけないためにも家庭ごみは、決められた日に指定された場所に分別して出してください。

 

なお、風俗習慣上又は宗教上の行事のために必要な焼却(どんど焼き、門松、しめ縄などの焼却)、農・林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる焼却(稲のわらやあぜ草等の焼却や伐採した枝等の焼却)及びその他人が利用する風呂や暖炉の過熱のために行うものや落ち葉等のたき火、キャンプファイヤー等でいずれも軽微なものは例外として認められています。

 

ただし、風の強い日や乾燥している日は、火の勢いが強くなったり、隣の土地に延焼したり大変危険です。また、住宅等の近くでの野焼きは、控えましょう。

 

 


ページトップへ