文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 保健福祉課 > 平成29年4月1日から「こうのとり支援事業」で一般不妊治療の助成を開始します
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成29年4月1日から「こうのとり支援事業」で一般不妊治療の助成を開始します

 

平成29年4月1日から「こうのとり支援事業」で一般不妊治療の助成を開始します。

 

 

鏡野町では、不妊治療や不育治療の充実を図るため、「こうのとり支援事業」の実施要項を改正し、平成29年4月1日から一般不妊治療の治療費助成や助成対象者の条件の改正などを行います。

 

 事業の改正点は、大きく以下の3点になります。

 

 

改正点1 一般不妊治療の治療費助成を開始します

 

    鏡野町では、平成29年4月1日から一般不妊治療の治療費助成を開始し、一般不妊治療が可能な医療機関(産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科、皮膚科泌尿器科)で一般不妊治療を受診した場合、各種医療保険が適用される治療の場合は保険適用部分を除く自己負担部分、保険適用外の治療の場合は治療費の全額を助成対象とします。(文書料、部屋代、食事代等は対象になりません。)

 

一般不妊治療の助成は、年度中10万円までを助成し、年度中の治療回数の制限はありません。

 

(治療費の助成は通算5年間まで受けられます。)

 

一般不妊治療の助成を受けられる方は、治療が完了し、治療費の支払いを完了した後に、以下の書類を鏡野町保健福祉課へご提出ください。

 

 

  ■提出書類

 

 

   (1) こうのとり支援事業助成金交付申請書及び請求書(様式第1号)

 

   (2) 不妊に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(一般不妊治療用)(様式第2号)

 

   (3) 戸籍上の夫婦である事が証明できる書類(住民票の写し、戸籍謄本等)

 

   (4) 医療機関の発行する領収書の写し

 

 

改正点2 助成対象者の条件が変わります

 

 鏡野町こうのとり支援事業実施要項の改正により、ご夫婦の所得制限を廃止し、助成対象の条件を以下のとおり変更しました。

 


 

〈新たな助成対象の条件〉

 

 ・申請年度の前年の1月1日から申請日まで、夫婦の双方又はいずれか一方が引き続き町内に住所があること。

 

  ・鏡野町に住所のある夫婦が共に他市町村に住民税を課税されていないこと。

 

  ・この事業に申請する治療に対して、岡山県を除き、他の市町村から同様の助成金等を支給されていないこと。

 

      ※上記3件の全てに該当する方が助成の対象となります。

 

 

改正点3 審査は6月1日から開始します

 

    助成金の申請は、これまでどおり治療費の支払いを完了した日の属する年度で申請できますが、助成対象者の条件の確認を行うため、審査を開始する日は、申請した年度の6月1日から開始します。

 

4~5月に申請をされた方については、助成金の支給や決定通知の送付が遅くなる場合がありますので、ご了承ください。 

 

 

 

事業の概要、改正点のポイントに関する資料はこちらから

 

 

  事業概要   改正点のポイント

 

 

平成29年4月1日から使用できる様式を掲載しますので、ご活用ください。

 

 

 鏡野町こうのとり支援事業助成金交付申請書及び請求書(様式第1号)(Word)

 

 不妊に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(一般不妊治療用)(様式第2号)(Word)

 

 不妊に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(特定不妊治療用)(様式第3号)(Word)

 

 生殖医療専門医医療機関受診証明書(様式第4号)(Word)

 

 不育に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(様式第5号)(Word)

 

 

 

(お問い合わせ先) 鏡野町保健福祉課 子育て支援係

 

             〒708-0392 鏡野町竹田660

電話 (0868)54-2986     FAX (0868)54-2891