文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成18年7月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成18年7月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

7月22日(土)~23日(日)


『夏だ!花火だ!鏡野町だ!鏡野町大納涼祭2006』が、奥津湖総合案内所「みずの郷奥津湖」をメイン会場に開催されました。

昨年に引き続き第2回目となる今年も、多くの来場者が詰めかけました。

鏡野町大物産展では、約15の屋台が店を構え、来場者は地元の特産品や焼きたてのひらめ・地鶏の串焼きなどを買い求めていました。

奥津湖畔広場ではひらめのつかみ取りも行われ、慣れない手つきながらも、頑張ってひらめを追いかける子どもたちも見られました。

また、舞台ではよさこい踊りやお笑いステージ、大ビンゴ大会などが行われ、イベントを盛り上げていました。

22日夜の打ち上げ花火では、長雨続きで心配されていた天候も回復し、湖の上に浮かび上がる2500発の大輪の花に、観客から大きな歓声と拍手が起こっていました。

7月21日(金)

引き続き土砂災害に警戒してください。

(写真上は富仲間地区、下は箱地区)

7月20日(木)

連日の大雨のため、全国各地で土砂災害による被害が発生しています。

町内でも倒木や田畑の冠水などが報告されています。

これまでの大雨で地盤が緩んでいる箇所もありますので、十分に警戒してください。

(写真上は大地区、下は中谷地区)

7月15日(土)



大野保育園でお涼み会が開催されました。
現在、各地区の保育園などでお涼み会が開かれています。

園長先生のあいさつの後、最初に行われたのは園児たちによる盆おどり。

あざやかな浴衣姿の子どもたちは、この日のために練習してきた成果を十分に発揮し、大きなかけ声を出して一生懸命に踊っていました。

踊りの後には、待ちに待った出店でのお買い物。子どもたちは、熱々のカレーや焼きそばを食べたり、輪投げやヨーヨー釣り、くじ引きなどを楽しんでいました。

この日も梅雨の蒸し暑さが続く天気となりましたが、本格的な夏を前に、訪れていた人は皆で楽しいひと時を過ごしていました。

7月10日(月)


岩井滝まつりが開催されました。

「裏見の滝」として知られる岩井滝では、子宝に恵まれなかった夫婦が岩井滝不動のお告げに従い、岩井の水を21日間飲んで念願の女の子を授かったという言い伝えがあり、その子どもが産まれた7月10日に毎年まつりを開催しています。
県内外から訪れた観光客や地元の方約120人が集まり、名水とひと時の涼を味わっていました。

滝の裏に祭られた不動明王の祭壇では護摩供養が行われ、参拝客は護摩の煙を浴びて手を合わせ、無病息災を祈願していました。

滝のふもとでは出店が並び、名水を使ったそうめん流しなども行われ、賑わいを見せていました。

7月1日(土)~2日(日)


奥津温泉縁日村が開催されました。
みずの郷奥津湖と道の駅奥津温泉では、ヨーヨー釣りや金魚すくいなどの屋台が並び、訪れていた家族連れはいっしょになって楽しんでいました。
また、1日(土)には奥津温泉花美人の里でも夜市が開催され、温泉に入った来場者には冷たい飲み物がふるまわれ、屋台での買い物を楽しんでいました。
期間中はあいにくの雨に見舞われましたが、浴衣や果物のあざやかな色どりに、夏の始まりを感じる二日間となりました。

 


ページトップへ