文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 介護保険 > 介護保険の制度 > 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が始まります。
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が始まります。

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が始まります。

 介護保険制度の改正に伴い、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が、鏡野町では平成29年4月から始まります。

 総合事業は「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」とで構成され、要支援1・2の方を対象とした介護予防給付の「訪問介護」と「通所介護」は、総合事業の「介護予防・生活支援サービス事業」に移行します。65歳以上の方の介護予防と日常生活の自立を支援することを目的としています。

 

■サービス内容

 

  介護予防訪問介護(ホームヘルプ)

     第1号訪問事業(これまでの介護予防訪問介護と同じサービス)          

     ヘルサポかがみの(鏡野町社会福祉協議会が行う新しい訪問型サービス)   

 

  介護予防通所介護(デイサービス)

     第1号通所事業(これまでの介護予防通所介護と同じサービス)            

     ガンバランドかがみの(鏡野町社会福祉協議会が行う新しい通所型サービス)

 

詳しくは、パンフレットをご覧ください。

 

事業所向けページはこちら

 

 

 


ページトップへ