文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成28年2月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成28年2月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます        

鏡野町森林づくり条例

月17日(水)、鏡野町役場において、鏡野町森林づくり協議会が行われ、協議会から町に「鏡野町森林づくり条例(案)」が提出されました。

この条例案は、8回の会合で協議されまとめられたもので、森林の有する多面的機能と可能性を再認識し、豊かな森林の保全及び創造に寄与することを目的としています。

三木会長が「森林は町民の宝として、守っていって欲しい。」と、条例(案)を山崎町長に手渡しました。

 

鏡野町地方創生講演会

 

月14日(日)、鏡野町中央公民館において、「鏡野町地方創生講演会」が行われ、住民や関係者、約120名が参加しました。

総合戦略と地方創生の進め方や、地方創生に向けた女性の役割について、法政大学地域研究センターの岡本義之さん、山本祐子さんが、それぞれ講演を行いました。

 

24回恩原高原氷紋まつり

2月7日(土)、恩原高原スキー場で、「第24回恩原高原氷紋まつり」が開催され、大勢の来場者(主催者発表:13,000人)で賑わいました。

今年は、雪不足により大雪像の制作は中止となりましたが、みずりんとおゆりんが来場者を出迎えていました。

会場内では、雪中宝探しや雪合戦、そり大会が行われ、雪遊びを満喫していました。

また、ステージでは、クマムシ、平野ノラのお笑いステージやうらじゃ、ビンゴゲームで盛り上がっていました。

フィナーレは、約5,000発の花火が打ち上げられ、レーザー光線との共演は、夜空とゲレンデを鮮やかに彩り、氷紋まつりを締めくくりました。

 

 


ページトップへ