文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > まちづくり課 > 鏡野町定住促進空き家改修補助金
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
鏡野町定住促進空き家改修補助金

 鏡野町定住促進空き家改修補助金

 

 

 

【 目 的 】

 

 鏡野町における空き家の有効活用を通して、本町への移住及び定住を促進し、もって地域の活性化を図ることを目的とします。

 

 

【 補助対象者 】

 

 (1) 1戸建て空き家の売買契約日又は最初の賃貸借契約日から1年を経過しない者

 

  ただし、平成2741日以降に売買契約又は賃貸借契約をしたものに限る。

 

 (2) 本補助金に係る改修に関して国、県又は町の制度による他の補助等を受けていない者

 

 (3) 納期の到来した租税公課等を完納している者

 

 (4) 補助対象物件に補助金の交付日から5年以上定住する意思のある者

 

     ※補助金の交付日から5年以内に転出又は転居した場合は補助金の返還が生じます。

 

 

【 補助対象住宅 】

 

 (1) 補助対象者が所有するまたは賃借する1戸建て空き家

 

 (2) 賃借物件については所有者が改修工事に承諾している部分

 

 ※3親等内の親族間での空き家の購入又は賃貸の物件は対象外

 

 

【 補助対象住宅 】

 

 (1) 町内の建築業者(一人親方を含む)が補助対象工事の主たる施工業者であること

 

 (2) 補助対象工事に要する経費(消費税及び地方消費税を含む。)が20万円以上であること

 

 (3) 住宅の機能向上のために行う改修(台所、浴室、便所、洗面所等の改修、または内装、屋根、外壁等の改修)

 

  ※対象とならない工事

 

  ・外構設備(門、車庫、物置、カーポートなど)の改修工事

 

  ・エアコン、ガスコンロ、照明などの住宅設備機器類の設置工事

 

  ・浄化槽設置工事

 

  ・カーテン、家具、調度品等の購入や設置工事

 

 (4) 交付決定後に工事着手を行い、申請年度内に工事完了し、実績報告書の提出ができること

 

 

【 補助回数 】

 

  同一住宅及び同一人の申請については1回限りとします。

 

  ただし、同一住宅が再び空き家になった場合はこの限りではない。

 

 

【 補助率 】

 

 [補助率]  1/2  [補助金上限額] 50万円

 

 

【 補助期間 】

 

 平成27年度 ~ 31年度

 

 

【 申請書類 】

 

 

  添付書類

 

 

   (2)改修工事に係る見積書・設計図等

 

 

   (4)施工前の状況写真

 

   (5)売買(賃貸)契約書の写し

 

   (6)賃貸借契約による住宅の場合は所有者の同意書

 

 

   (8)その他町長が必要とする書類

 

 

【その他様式】

 

 

 

 

 

 

 

【問い合わせ先】

 

 鏡野町まちづくり課 TEL 0868-54-2982