文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 健康・子育て・医療 > 医療・助成 > 後期高齢者医療被保険者証(保険証)及び各種認定証について
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
後期高齢者医療被保険者証(保険証)及び各種認定証について

後期高齢者医療被保険者証(保険証)及び各種認定証について

 

 

 後期高齢者医療対象者については、被保険者全員に「後期高齢者医療制度」独自の保険証が1枚交付されます。医療費の一部負担金の割合は1割(現役並み所得者の場合は3)になります。

 

後期高齢者医療の対象となる人

 75歳(一定の障害がある人は65歳)以上の人はすべて「後期高齢者医療制度」の対象となります。

※健康保険組合や共済組合などの被扶養者の人も対象となります。

 「後期高齢者医療制度」の被保険者となるのは、以下のような人です。

 

1.75歳以上の人

2.65歳以上75歳未満で寝たきり等の一定の障害があり広域連合の認定を受けた人

   (後期高齢者医療保険に変更するためには申請が必要となります)

 

一定の障害とは 

1級から3級の身体障害者手帳を持っている人

障害基礎年金の受給者で、その等級の1級から2級に該当する人

精神障害者保健福祉手帳1,2級又は療育手帳の重度障害(A)である人

4級の身体障害者手帳を持っている人で、次のいずれかに該当する人

音声機能または言語機能に著しい障害のある人
両下肢のすべての指を欠く人
1
下肢を下腿の2分の1以上で欠く人
1
下肢の機能に著しい障害のある人

 

後期高齢者医療被保険者証(保険証)の送付について

 後期高齢者医療被保険者証(保険証)は毎年81日に新しく更新されますので、7月後半に郵送にて送付します。

 その際、保険証を安全・確実にお届けするため簡易書留にて郵送をしています。

 

  ご注意ください

  保険証は簡易書留で送付するため、郵便局の配達員が直接手渡しする方法となるので受領印が必要となります。

  ご不在の場合、郵便局の配達員が不在連絡票を置いていきますので、ご都合の良い日に再配達を希望されるか直接郵便局でお受け取りください。詳しくは、「不在連絡票」でご確認ください。

  郵便局への連絡が遅れた場合、保険証は役場に返還されます。その場合、普通郵便にて郵送させていただくことになります。

  年の途中で75歳の誕生日を迎えられる方につきましては、誕生日の前の月の後半に保険証を郵送します。このときは、普通郵便にて送付させていただきます。

 

医療費の負担割合

 後期高齢者の医療費の負担割合はほとんどの方が1割ですが、現役並み所得者の方は3割となります。現役並み所得者とは、住民税の課税所得額(所得から各種控除をした後の額)145万円以上ある人や、その被保険者と同じ世帯にいる被保険者が該当となります。

 ただし、被保険者が2人以上の場合、その収入合計額が520万円未満、1人の場合は383万円未満の人は、申請することにより「1割」負担になります。該当になる方には通知書及び申請書を郵送いたします。

 

転出入される場合

 鏡野町から転出される場合、転出先の市町村より被保険者証が交付されます。県外に転出する場合、鏡野町より負担区分証明書等をお渡ししますので、転出先の市町村で手続きをされる際に担当者にお渡しください。

 鏡野町に転入される場合、新しい被保険者証を郵送いたします。県外から転入する場合は、転入前の市町村より負担区分証明書等を発行されていると思いますので、転入手続きの際に持参してください。

 

これまで加入していた健康保険証の返還について

 後期高齢者医療制度の対象となった日以降は、これまで持っていた健康保険証及び前期高齢者医療受給者証は使用できなくなります。以下の返還先に健康保険証などを返還してください。

 

各証の返還先

  鏡野町国民健康保険証の場合は、鏡野町役場保健福祉課又は各振興センター

  会社等の健康保険証(被用者保険証)の場合は、交付を受けたお勤め先

 

保険証をなくされた場合

 後期高齢者医療被保険者証をなくされた場合、鏡野町役場保健福祉課で再発行いたしますので、以下のものを持参してください。

  被保険者の印鑑

  来庁された方の本人確認できる書類(免許証など)

 

  ご注意ください

263月より、保険証を再発行する場合本人確認を行うことになりました。確認できない場合、その場で保険証をお渡しできない場合がございますのでご注意ください。

・各振興センターで再発行の申請をされた場合、本庁に来てから郵送することになりますので、保険証が着くまで時間がかかることになります。

 


ページトップへ