文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成20年5月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成20年5月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

5月26日(月)~5月31日(土)
スイス・バーゼル市の小学校教諭トーマス・ラーセンさんが町内にホームステイしました。
滞在中は小学校を訪れ、授業を熱心に聞いていました。また大野小では、児童とともに田植えを体験するなどして、児童との交流を深めました。

5月17日(土)~6月4日(水)
花美人の里のテンペ工房で幻の花「ヒマラヤの青いケシ」の展示が昨年に引続き行われました。
高山植物のため25度以上の気温が3日続くと枯れるといわれています。寿命は約1週間程です。
5月20日(火)
「大野小地域ぐるみで見守る会」ボランティア発足式が大野小学校で行われました。
式の後、1・2年の下校に合わせて見守る会の会員の方々が引率して帰りました。
見守る会の会員235名で地域内の16の通学路を見守っていきます。
5月17日(土)
スポーツ少年団結団式が鏡野町文化スポーツセンターで行われました。
町内のスポーツ少年団員約250名が参加し、団員を代表して鶴喜スポ少が、「健康な心と体を養う。友達との協力を大切にする」と宣誓しました。式の後、レクリエーションのドッジビーを楽しみました。
5月16日(金)
県天然記念物に指定されているこの七色樫は、ウラジロガシの変種で推定樹齢150年以上の樫の木です。
一年を通じて7回も葉の色が変化することから七色樫と名づけられ、赤、燈、黄、黄緑、緑、青緑、濃緑と変化していきます。
5月9日(金)
鏡野町シニアスクールの入学式が鏡野中学校で行われました。今年で5年目を迎え63歳から80歳までの13名が入学しました。
入学式の後は早速授業が行われ、1年間の学校生活がスタートしました。
5月8日(木)
(株)山田養蜂場は、創立60周年記念事業として寄附を贈りました。
贈呈式には、鏡野町、商工会、NPO法人元気ッズが出席し、社長からそれぞれに目録が渡されました。
5月5日(月)
富地域の布施神社でお田植祭が開催されました。この祭りの一番の見どころは殿様と家来の福太郎とのやりとり。殿様が笑えばその年は不作となるといわれておりますが、最後まで殿様は笑うことなく終えることができました。
5月4日(日)~5日(月)

鏡野町物産館夢広場で味覚祭が開催されました。獲れたての生鮮品や特産品を買い求めに多くの来場者で賑わいました。また2日間にわたりステージでは、郷土芸能・ビンゴゲーム等行われ会場を盛り上げていました。
5月1日(木)
第10回上齋原神社奉納おんな相撲大会が同神社で開催されました。
今年も上齋原中学校の生徒をはじめ県内外の41人が出場し、優勝を競いました。
土俵の上では、力のこもった投げの打ち合いやユニークな衣装でのパフォーマンスが見られ、会場に詰め掛けた観客も大声援を送っていました。
今年は悦乃海関が優勝し、2連覇を達成しました。
4月24日(木)
県立森林公園が24日に開園しました。日当たりのよい湿地では、水芭蕉やザゼンソウが咲き、訪れた大勢の人が自然を満喫していました。

※開園期間 平成20年4月24日(木)~平成20年11月30日(日)


ページトップへ