文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成17年5月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成17年5月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

5月31日(火)
第3回岡山県明るく住みよい地域社会づくり表彰が行われ、鏡野町より『個人の部善行賞』で地域での交通安全活動を行われている小林昭也氏、奉仕活動を行わ れている杉本侈氏の2名、『コミュニティ団体活動賞』で地域の交流活動を行われている、奥津町奥津地区福祉のむらづくり推進委員会が表彰されました。
写真右から、杉本侈氏、小林昭也氏、奥津地区福祉のむらづくり推進委員会会長水田和稔氏
5月25日(水)
羽出にある『七色樫』が黄緑色に色づき、訪れた人々の目を楽しませています。この七色樫はウラジロガシの変種で、推定樹齢150年、県の天然記念物に指定されています。
1年のうち7回も葉の色が変化することから、七色樫と名づけられ、赤い葉、橙色、黄色、黄緑、深緑色、緑黄斑と変わっていきます。
5月23日(月)
岡山県内でもめったに見ることができない『ジャコウアゲハ』が、町内を優雅に舞っています。
これは、ジャコウアゲハの幼虫が食べる草(食草)のウマノスズクサの生えているところが少ないためですが、本町では町民の手によって、長年にわたり食草 と蝶の保護活動が行われてきた結果、絶滅をまぬがれただけでなく、年間に3,000~4,000頭ものジャコウアゲハが町内を飛んでいます。
5月21日(土)
平成17年度、鏡野町スポーツ少年団結団式が、鏡野町文化スポーツセンターで開催されました。町内のスポーツ少年団員288名が参加し、団員の代表が、 「スポーツを通して、友情と協力を大切にします」と宣誓しました。式の後、6人ずつのチームに分かれ、バウンズボールやディスコンなどのレクリエーション を楽しみました。
5月20日(金)
香々美小学校で交通安全教室が開かれました。児童76名と津山警察署員、町交通安全指導員らが参加。
交通ルールを知り、事故にあわないために、横断歩道での渡り方や、実際に自転車に乗り、道路での安全な自転車の乗り方などを学習しました。
5月17日(火)
富保育園で参観日があり、親子クッキングに挑戦しました。活動を通じて、色々な食品や作り方に興味を持ち、作る喜びや楽しさを味わうとともに触れ合いを深めました。
みんなおいしいなぁといいながら喜んでおなかいっぱい食べていました。
5月8日(日)
井坂の奥津中学校グランドに、熱気球がやってきました。これは、balloon club備前(バルーンクラブ備前)が、子供たちに熱気球に乗って空中からの眺めを体験してもらいたいと企画したもので、熱によって暖められたバルーンは地上25mの高さまで達しました。
熱気球を体験した人は、「楽しかった」、「景色がきれいだった」、「ちょっと怖かったけどまた乗りたい」などと思いを話していました。
5月5日(木)
布施神社のお田植祭が開催されました。このお田植祭は五穀豊饒を祈る神事で古来から伝わり、昭和37年4月、岡山県重要無形民俗文化財に指定されています。
獅子練り、荒起し、鍬代、田植えに続き、殿様と福太郎の掛け合い。殿様が笑えばその年の稲作は不作といわれている殿様と福太郎の掛け合い。福太郎は様々 な所作で殿様を笑わせようとしましたが、殿様は最後まで笑わず、多くの見物人から拍手が送られました。
5月4日(水)
5月4日、5日の2日間、恒例の味覚祭が開催されました。
会場の夢広場では、獲れたての生鮮品や特産品を買い求める人で終日賑っていました。
ステージでは遥 智理舞踊団の演技やビンゴゲーム、子供達に人気のデカレンジャーショー等も行われイベントを盛り上げていました。
5月1日(日)
第7回上齋原神社奉納おんな相撲大会が開催されました。あいにくの雨となり、場所を屋内ゲートボール場に変更しての開催となりましたが、全国から集まった女性力士51名が力の入った熱戦を繰り広げました。
浦島太郎やかっぱなどに仮装した力士も登場し大会を盛り上げていました。

 


ページトップへ