文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 総務課 > 先輩からのメッセージ
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
先輩からのメッセージ

  現在、鏡野町で活躍している先輩から、受験者の方へのメッセージです。


 

 

事務職

 

 

事務職

 

 

 土木技師

 

 

保育士


 

 

 住民税務課 古市 佳奈永

 

   事務職 平成16年度入庁

 ≪仕事について≫

  現在は住民税務課で、戸籍、住民票等の発行受付をしながら、住基ネット、外国人事務等を担当しています。窓口は役場の顔なので、身だしなみや、親切、丁寧な対応に心がけています。

 

≪受験者の方へ≫

  役場の業務は法律や規則にそって行うもので、日々、頭をかかえることも多いですが、住みやすい町づくりに貢献できたらと思います。若い皆さんの力で鏡野町を盛り上げてください。一緒に働けることを楽しみにしています。

このページのトップへ

 


 

 

 

  産業観光課 田後 善史

 

   事務職 平成20年度入庁

 ≪仕事について≫

 入庁し、現在の産業観光課に配属され6年目になります。
主な業務内容は観光と産業の推進、活性化です。
入庁当時、特にイベント開催を中心とした観光においては、「観光客を増やす」という目標は明確であっても、それに到達する手段は無限に存在するため、知識や経験の浅い自分には戸惑いもありましたが、職場の上司や地域の協力者からのアドバイスや支援を受け、町内外の過去の観光施策を知るなかで、自分なりの課題や方法を見つけ、手段の選択肢を広げられるようになり、小さいながらも成果を感じることができるようになりました。

 

≪仕事で心がけていること≫

 イベントを開催したり、観光PRを行ったりする場合には、一過性のものになってしまわないように、どうすればまた鏡野町に来てもらえるか、開催時期や開催場所によって、どの観光資源を使いPRすれば、どのお客様層のニーズに最大限PRが行えるかを注意しています。
また、準備、運営いずれにしろ、自分ひとりの力で達成できる業務はごく限られたことしかありません。そのため、地域や職員の協力が必須となるため、人とのつながりを大事にし、広げられるよう心がけています。

 

≪受験者の方へ≫

 鏡野町は、交通などの利便性は近隣の市に比べれば悪いものの、山や川などの自然に恵まれ、ここでしかできないことがたくさんあります。また、人口が少ない分、一人ひとりの役割や存在が大きいことも魅力のひとつだと思います。
職員として、一住民として、地域づくりに一緒に携われることを楽しみにしています。

 このページのトップへ

 


 

 

  建設課 妹尾 亮

 

   土木技師 平成19年度入庁

≪仕事について≫

 入庁1年目から3年目までは、建設課農林土木係の耕地担当として仕事をしていました。
4年目から現在にかけて、同課土木係として、土木工事の設計や現場管理、また、除雪管理担当として、県・委託業者の調整などを行っています。

 

≪受験者の方へ≫

 仕事柄、時には工期に追われ、大変なこともありますが、苦労した工事が竣工すると、とてもうれしく達成感を得ることができます。
技術職として、建設業務の内容は多岐に渡りますが、住民の生活基盤を支える、やりがいのある仕事だと思います。一緒に働けるあなたを待っています。

 このページのトップへ

 


 

 

  芳野保育園 竹本 春奈

 

   保育士 平成24年度入庁

≪仕事について≫

 芳野保育園に勤務して、2年目になります。現在は3歳児 22名を複数担任で担当しています。
保育士の仕事は、「子どもに基本的な生活習慣を身に付けさせること」、「子どもの身の回りの世話」、「集団生活を通して社会性を養わせること」、「遊びを通して心身の健やかな発達をサポートすること」、「保護者に対しての報告、子育てに対するアドバイス、サポートを行うこと」、「地域との連携」など仕事内容は多岐に渡ります。子どもたちと毎日笑顔で過ごせるよう、がんばっています。

 

≪受験者の方へ≫

  分からないことは、上司や同僚に相談しながら、日々保育しています。「子どもの成長を実感できること」が保育士の仕事にとって、最大のやりがいだと思います。日々の生活の中、些細な出来事からも子どもたちの成長を感じ、共に喜ぶことができ、この仕事を選んでよかったと心から思えます。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

 

鏡野町職員採用情報へ


ページトップへ