文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成20年7月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成20年7月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

7月28日(月)
お滝様の滝で家内安全、無病息災を祈願する護摩焚きが行われました。お滝様の滝は高さ5m、幅1mで二条に分かれて落ちることから、別名夫婦滝(めおとだき)とも呼ばれ、滝の前には、不動明王、龍樹菩薩が祀られています。

7月26日(土)
鏡野町大納涼祭2008が奥津湖畔特設会場で開催されました。
会場には、町内外から2万5千人の家族連れらが詰めかけ、イベントに参加したり、地元特産品を買ったりして、夏のひとときを過ごしていました。
最後のレーザーショーと花火2500発に観客は大きな拍手と歓声を上げていました。

7月24日(木)
のとろ温泉が入場者20万人を達成しました。岡山市から来た主婦3人グループが20万人目となり、町長からカサブランカの花束と町特産品詰合、のとろ温泉入浴券などが贈られました。
7月20日(日)
鏡野町文化スポーツセンターでスポーツ屋台まつりが開催され、町内外約1000人の来場者で賑わいました。スポーツ屋台ではニュースポーツの体験や、食べ物屋台では焼きそば、おにぎりなどの販売が行われました。
主催のスポーツクラブ準備委員会では、「来年2月に『みんなのクラブ』の設立を予定しています。みなさんぜひ参加してください。」と話していました。
7月14日(月)
JA津山代表理事常務から食農・環境保全・金融経済をテーマとする教材本が教育長に贈られました。
この本は、補助教材として次世代を担う子供たちに農業について理解を広げてもらうため作成したものです。
7月10日(木)
8月6日をもって国際交流員であるソーターさんがスイスに帰国します。
2年間の感想は「都会育ちで、初めて田舎に住んでみて自然のきれいなところで働けてすばらしい経験になった。みなさんとてもやさしく相手のことを良く考えてくれる。スイスに帰っても日本との交流を大切にしていきたい。」と話していました。
7月10日(木)
上齋原の岩井滝で、岩井滝まつりが開催されました。滝の裏の祭壇では息災護摩供養、彩橙大護摩供養の護摩焚きが行われ、町内外から訪れた約120名は無病息災を祈願していました。

7月7日(月)
南小学校グランドに岡山県警ヘリコプター「わしゅう」による法務大臣からのメッセージ伝達式が行われた後、南小学校1、2年生を対象とした津山警察署の犯罪被害防止教室と「第58回社会を明るくする運動」を啓発する自動車パレード、街頭啓発を実施しました。

7月5日(土)~6日(日)
のとろ原キャンプ場で鏡野町子ども会連合会がキャンプを行いました。子供会の役員の挨拶のあと、早速テントを自分たちで設営しました。その後ひらめのつかみ取りや飯ごう炊飯、夜には中高生のリーダーによるキャンプファイヤーで楽しみました。

7月2日(水)
鏡野町布原に大型店舗「プラント-5鏡野店」がオープンしました。
店内には鏡野町の広報宣伝「彩の郷かがみの」コーナーがあり、町のイベントや特産品などの紹介をしています。

 


ページトップへ