文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成20年9月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成20年9月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

9月30日(火)
国民体育大会に出場する宇佐美勝正さん(剣道)、赤木督尚さん(ハンマー投げ)の壮行式が行われ、山崎町長から激励金が手渡されました。
宇佐美さんから「監督兼選手としてがんばっていきたいと思います。」と決意が述べられました。
9月28日(日)
上齋原神社奉納子供相撲大会が開催されました。幼稚園から小学生までの子どもたち34人が土俵に上がり熱戦を繰り広げました。
取り組み中には投げ技や土俵際でのあざやかな逆転などがあり、会場につめかけた家族などは声援や拍手を送っていました。
9月25日(木)
秋の交通安全県民運動期間中、町ネイの各所において、街頭啓発が行われました。
夢広場のテント村では、大野保育園年長組の園児が津山警察署、交通協助員、鏡野交通安全対策協議会や母の会とともに、通行中のドライバーに「運転に気をつけてください。」と呼びかけ、老人クラブ女性部が作成たマスコットの入った記念品を配布しました。
9月12日(金)
大野小学校体育館で平成20年度「本物の舞台芸術体験事業」として、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会が行われました。
会場に詰めかけた大野・香々美小学校の児童、保護者らはなかなか体験できないオーケストラの演奏に大きな拍手をあげていました。

9月12日(金)~15日(月)
12日上齋原地域、13日鏡野地域、14日富地域、15日奥津地域で敬老祝賀会が開催されました。
山崎町長挨拶の後、88歳の方に米寿の記念品の贈呈が行われました。式典後には地域のアトラクションなどがあり大きな拍手が起きていました。

9月7日(日)

鏡野ドームで「2008鏡野町産業まつり」が開催されました。
会場には約6,700人の家族連れらが訪れ、地元の野菜や果物、ひらめの塩焼きなどの販売コーナーで品物を買い求めたり、原子力パネル展などの展示コーナーや、丸太きり競争などに参加して楽しく休日を過ごしていました。
ステージでは、「ソーラン鏡野踊り」、「ぜんまいざむらい着ぐるみショー」、」ゼンジー北京マジックショー」などが行われ、笑いや拍手が起こり盛り上がりました。

9月6日(土)
中 央公民館で鏡野町子ども会連合会による子どもフェスティバルが行われました。今年は鏡野町青年団協議会と鏡野町職員組合青年部の協力により例年にも増して にぎやかに盛り上がりました。駐車場の焼きそばなどの夜店や公民館全館を使ったお化け屋敷には子どもの長い列ができていました。

9月4日(木)

鏡野町と株式会社PLANTは「災害時における生活関連物資の調達等に関する協定書」の調印式を役場2階大会議室で行いました。
式には、鏡野町長、株式会社PLANT社長と双方の関係者が出席し、協定締結に係る経過説明のあと協定書に調印しました。
この協定は、いつどこでどのような大災害が発生するか予測できない状況の中で、災害時における物資の調達及び安定供給を目的としています。
9月3日(水)
鏡野地域老人クラブ連合会の女性部部長の池田さんから町へ交通安全祈願のマスコット150個が贈られました。
マスコットは、女性部約80人による手作りで、21日からの秋の交通安全運動で街頭啓発の祭にドライバーに配られます。

 


ページトップへ