文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 住民税務課 > 固定資産税に係る課税誤りについて(お詫び)
HOME > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税に係る課税誤りについて(お詫び)
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家
福祉・介護
消費生活
NHKに関する手続き
固定資産税に係る課税誤りについて(お詫び)

 この度、固定資産税課税に際し事務処理に誤りがあり、固定資産税額を過大また過少に算定していたことが判明いたしました。

 納税者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心より深くお詫び申し上げますとともに報告をさせていただきます。

 

判明の経緯

 本年度の新築家屋の評価に伴い、家屋評価システムの入力作業の中で過年度の新築家屋の数値の参照を行ったところ補正係数設定に所要の適用がなされておらず、評価額に誤りがありました。

また、その確認作業中に一部で新築軽減が所定の期間なされていなかったことが判明しました。

 

課税誤りの時期

平成30年度から令和4年度に課税された新築家屋の一部の固定資産税

 

対象者数と金額

 ・過大課税による還付対象者      210名 還付額合計   2,522,400円

(うち、新築軽減にかかる還付対象者    2名 還付額合計     127,500円)

 ・過小課税による追加徴収対象者     2名 追加徴収合計額      2,800円

 

対象者の方への対応

 ・対象者の方には、お詫びの文書と税額等を修正した通知書を送付させていただきます。

 ・既に納付をいただいている方には、過納金を還付させていただきます。

 ・追加徴収対象者の方には、個別にご連絡をさせていただきます。

 

再発防止策

システム設定時の内容確認と評価の計算結果の検証を徹底し、確実にチェックを行う体制の強化を図り、再発防止に取り組んで参ります。

 

〈お問合せ先〉

鏡野町役場 住民税務課 税務係

電話(0868)54-2985(直通)


ページトップへ