文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 農業・林業 > 農業 > 農地を宅地等に転用するとき【4条・5条】
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
農地を宅地等に転用するとき【4条・5条】

農地を農地以外のもの(駐車場・資材置場・山林・宅地・道路など)に転用するときは、農業委員会の許可や届出をする必要があります。

一時的に農地以外のものに転用するときも農業委員会の許可が必要です。

申請地が農業振興地域内の農用地である場合は、事前に農振農用地の除外手続きが必要です。

 

◆許可の種類

農地の耕作者等が、自分の農地を農地以外にする場合・・・農地法第4条許可

農地を農地以外にするために所有権の移転、賃貸借権の設定をする場合・・・農地法第5条許可

 

◆許可が不要の場合があります。

 耕作者が農地を農作物の育生若しくは養畜のために200㎡未満の農業用施設にする場合等です。

届出は必要です。・・・「農業用施設を作るとき」を参照

 

◆主な審査内容

事業実施の確実性  ・資力及び信用があると認められること。

・転用行為の妨げとなる権利を有する者の同意があること。

・行政庁の許認可等の処分の見込みがあること。

・遅滞なく転用目的に供すると認められること。

・農地転用面積が転用目的からみて適正と認められること。

被害防除  ・周辺農地に係る営農条件に支障を生ずるおそれのないこと。

・農業用用排水施設の有する機能に支障を生ずるおそれのないこと。

・土砂の流出、崩落等災害を発生させるおそれのないこと。

一時転用の場合 事業終了後、その土地が耕作の目的に供されることが確実と認められること。

一時的な利用のため所有権を取得しないこと。

 

◆許認可等を必要とする関連法令

許認可等を必要とする関連法令に該当する場合は、その許可を受ける必要があります。

関連法令(主なもの)

申請から許可までの流れ

◆申請にかかる添付書類

4条許可申請にかかる添付書類一覧表

5条許可申請にかかる添付書類一覧表

◆申請にかかる様式ダウンロード

 農地法第4条許可申請書   農地法第4条許可申請書(記入例)

  農地法第5条許可申請書  農地法第5条許可申請書(記入例)

被害防除計画書

工事計画書

農地復元計画書

廃棄物で埋立をしない旨の誓約書

農地改良工事完了後の作付計画書

誓約書(転用目的以外に利用しない旨の)

水利組合同意書(4条) (5条)

土地改良区同意願(4条) (5条)  


ページトップへ