文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 健康・子育て・医療 > 助成 > 乳幼児、児童及び生徒医療費助成制度
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
乳幼児、児童及び生徒医療費助成制度

乳幼児、児童及び生徒医療費助成

 

 鏡野町では、子育て支援のひとつとして、保護者の医療費負担の軽減を図るため、中学校卒業(満15歳に達した日以後の3月31日)までのお子さんを対象に、岡山県内の医療機関を受診した場合の医療費の自己負担額を無料化しています。

 

 新たに鏡野町に住むことになられた(出生・転入等)お子さんは、乳幼児、児童及び生徒医療費の助成を受けるための申請が必要です。

 

 

 

 

●対象となる方

 

1.鏡野町内に住所を有していること。

 

2.国民健康保険、その他の健康保険に加入していること。

 

3.0歳から中学校卒業(満15歳の達した日以後の3月31日)までの方であること。

 

 

 

 

●対象となる医療費

 

保険診療での医療費の自己負担額を助成します。

 

ただし、保険外診療となる健康診断、予防接種、入院時の食事療養費(食事代)、室料差額(差額ベット代)、薬の容器代等は対象となりません。

 

 

 

 

●医療機関にかかるとき

 

岡山県内の医療機関を受診される場合には、健康保険証と一緒に「乳幼児、児童及び生徒医療費受給資格者証」を必ず提示してください。

 

 

 

 

●医療費の払い戻しについて

 

岡山県外の医療機関を受診した場合、または県内の医療機関で「乳幼児、児童及び生徒医療費受給資格者証」を提示できなかった場合(出生等により受給資格者証が使用できるようになる前に医療機関を受診した場合)には、窓口で自己負担分を支払い、医療機関の証明または領収書、印鑑及び口座番号のわかるものをご持参のうえ、役場健康増進課または各振興センターの窓口にて医療費給付申請の手続を行ってください。

 

申請書にご記入いただいた保護者名義の口座に、後日、自己負担分を払い戻しいたします。

 

 

 

 

●次の場合には届出が必要です

 

1.健康保険証が変わったとき

 

2.住所・氏名が変わったとき

 

3・紛失・損傷により受給資格者証の再交付を受けるとき

 

4.生活保護を受けるようになったとき

 

5.町外へ転出するとき

 

印鑑、乳幼児、児童及び生徒受給資格者証、健康保険証をご持参のうえ、届出をしてください。

 

なお、鏡野町を転出される場合、有効期間が終了した場合には、「乳幼児、児童及び生徒医療費受給資格者証」を町役場へお返しください。

 

 

 

 

<お問い合わせ先>

 

〒708-0392

 

鏡野町竹田660 

 

 鏡野町役場 健康増進課 TEL(0868)54-2025

 


ページトップへ