文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 上下水道 > 上水道 > 水道管の管理について
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
NHKに関する手続き
水道管の管理について

水道管の管理について

○適正な管理について
配水管から蛇口までは加入者の管理となりますので、お客様で定期的な管理をお願いいたします。

 



○水道メーターについて
ボックス、止水栓は水道を接続してもらう際に購入していただきますが、
水道メーターについては町が貸与しています。不当に扱い破損した場合は
補償してもらいます。

○漏水について
◆蛇口からかすかに「シュー」という音がする。
◆住宅の外壁、基礎部分が湿ってきた。

◆庭が不自然に湿ってきた。

◆水道使用量(水道料金)が最近増えてきている。

このような場合は漏水が考えられます。
確認方法としては、家庭内のすべての水道蛇口を閉めていることを
確認した後、メーターボックスの中の水道メーターの蓋を開けて、
銀色の「パイロットメーター」が回っていれば漏水しています。

○応急処置について

メーターボックスの水道メーターの手前にある止水栓を閉めれば、
そこから先の水道は全て止まります。
漏水が認められた場合は早急に修理してください。

○漏水の減免について

漏水があった場合には、お客様の負担で修理し申請していただければ減免することが可能です。
詳しくは上下水道課へお問い合わせ下さい


○故障の修理について

水道施設の施行・修理は「鏡野町指定給水装置工事事業者」の
指定業者でなければいけません。
詳しくは上下水道課へお問い合わせ下さい。

○凍結防止について

外気温がマイナス4℃を超える、又は北向きの風当たりの強いところ
では凍結することがあります。

外に接している蛇口からも凍結する為、配管はもとより、蛇口本体も
保温しましょう。
専用の保温材もありますが、タオルや毛布でも十分効果があります。
ただし、保温材が濡れてしまうと一緒に凍結してしまうため、図のように
防水処理を行ってください。

○凍結したら

まず、タオルをかぶせ、ぬるま湯をかけてゆっくり解凍してください。
熱湯をかけると急激な温度差により、蛇口、給水管が破損すること
があります。

 


ページトップへ