文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > くらし安全課 > ごみの減量について 住民・事業者のみなさまへ(お願い)
HOME > くらしの情報 > ごみ・環境・動物愛護・墓地 > ごみ・し尿 > ごみの減量について 住民・事業者のみなさまへ(お願い)
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
ごみの減量について 住民・事業者のみなさまへ(お願い)

 

津山圏域クリーンセンターへ搬入されるごみは、年々増加しており、現在、熱回収施設のごみピットの

使用率(可燃ごみが堆積している量)が、160%(2021.7.15現在)を超えており、3つある投入口のうち

2つはごみが堆積しているため、開閉ができなくなっています。

また、ごみピット内の可燃ごみの中には、ダンボールやプラスチック容器包装といった資源ごみも

多く混入しており、資源化できるごみは、適正に分別をおこない、ごみの減量化にご協力くださいますよう

お願いいたします。

 

 

 

※令和3年7月の詳しい状況は、こちらでご確認ください。

 (上記のリンク先は、津山圏域クリーンセンターホームページとなっております。)

 

 

また、鏡野町くらし安全課として、この状況を鑑み、みなさまへこれまで以上にごみの減量・分別を

徹底していただくようご協力をお願いいたします。

 

 

津山圏域クリーンセンターのごみピット内のごみ質分析結果(下の表)で、紙・布類及びビニール、

合成樹脂、ゴム、皮革類が約80%を占めており、その中には、リサイクル可能な古紙(ダンボール、

雑誌、牛乳パックなど)、古布、プラスチック容器包装が含まれておりますので、以下の減量・分別の

ポイントを参考に、ご協力をお願いします。

 

 

 

 

ごみの種類

紙・布類

58%

ビニール・合成樹脂・ゴム・皮革類

23%

木・竹・わら類

8%

厨芥類(野菜くず・食べ残しなど)

7%

不燃物

2%

その他

2%

100%

 

減量・分別のポイント

 

※減量・分別について、くわしくは、こちらでご確認ください。

(上記のリンク先は、津山圏域クリーンセンターホームページとなっております。)

 

①生ごみは、水切りをしっかりする

②古紙・古布類は、資源回収や店頭回収へ出し、資源化する。

③プラスチック製の容器包装は、軽くすすいでプラスチック容器包装へ分別する

 

 ※プラスチック容器包装の詳しい分別方法は、こちらでご確認ください。

 (上記のリンク先は、津山圏域クリーンセンターホームページとなっております。)

 


ページトップへ