文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 産業観光課 > 鏡野町テレワーク助成事業実施要領
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
鏡野町テレワーク助成事業実施要領

  鏡野町テレワーク助成事業実施要領

 

新型コロナウイルスの収束見通しが立たない中、感染が拡大している都市圏の企業は、感染リスクを最小限とするため、社員にテレワークを導入し、そのための環境整備を行っていますが、町内の事業所等ではテレワークの導入が十分に進んでいない状況が見受けられます。今後、新型コロナウイルスの感染拡大の影響や取引先等から町内の事業主もテレワークの導入を求められることが想定されることから、テレワークを導入するための必要経費の一部(導入経費50%)を助成します。

 

【対 象 者】

(1)新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、または受けると見込まれる鏡野町内に事業所等を有する中小企業者及び個人事業主

(2)納期の到来した租税公課等を滞納していないこと

(3)令和2年度に鏡野町テレワーク助成事業の申請をしていないこと

 

【対象経費】

テレワークを導入するための必要経費

補助率 1/2以内

限度額 30万円

 

(1)設備費【テレワーク導入に要する経費】

パソコン(最大3台までソフトウエア代を含み1台あたり15万円まで)・プリンタ(1台まで)・タブレット端末等のハードウェア(スキャナ等の周辺機器を含む)、通信制御機器装置(ルーター、無線LAN機器等)、設置・設定費用

(2)委託外注費【テレワーク導入検討や運用に要する経費】

コンサルティング等委託経費、ソフトウェア・クラウドのサービス利用料

(3)その他の町長が必要と認めた費用

※令和3年4月1日以降に発注・購入した費用が対象となります。

(ただし、募集要領に定める要件を満たす必要があります)

※新規・新設のテレワーク環境構築にかかる経費だけでなく、既存のテレワーク環境の改良・増強等にかかる経費も補助対象となります。

※記載の経費に該当するものであっても、審査により対象外とすることや査定により減額することがあります。

※補助金の交付は1事業者1回限りとする。

※国及び県の補助金・助成金制度を活用している事業及び現在このような他の補助金・助成金制度を申請中の事業は対象経費が異なる場合のみ可とする。

 

【公募期間】

令和3年7月1日~令和4年2月28日

※今年度予算の募集枠に達し次第受付終了となります。

【補助対象期間】

令和3年4月1日~令和4年3月31日

【申請方法】

(1)交付申請

本事業補助金を受けようとする者は、鏡野町新型コロナウイルス感染症経済・生活支援対策事業交付要綱第3条による補助金等交付申請書(様式第1号)を町長に提出するものとする。

添付書類

①事業実施計画書

②収支予算書

③テレワーク環境構築図(導入前・導入後がわかるもの)

④直近の事業年度に係る法人町民税(個人事業者の場合は、直近の町民税)の納税証明書(非課税の場合は非課税証明書)。

⑤補助対象経費の見積書、その他これに相当する書類の写し

⑥その他町長が必要と認める書類

 

【実績報告】

(1)実績報告

事業が完了した者は、鏡野町新型コロナウイルス感染症経済・生活支援対策事業交付要綱第6条による補助金等実績報告書(様式第3号)を町長に提出するものとする。

添付書類

①事業実績書

②収支決算書

③対象経費について支払った領収書の写し

④購入した物品等の写真、設置状況写真、テレワークの実施状況の確認できる写真

 


申請にあたっては、下記「鏡野町テレワーク助成事業実施要領」を参考に手続を行ってください

鏡野町テレワーク助成事業実施要領
 
申請書類等
 様式第1号 交付申請書 

        事業計画書・収支予算書(任意)        

 様式第3号 実績報告書
        事業実績書・収支決算書(任意)
 請求書
 
 
お問い合わせ先

鏡野町産業観光課
〒708-0392
鏡野町竹田660
TEL 0868-54-2987 FAX 0868-54-3662


ページトップへ