文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 産業観光課 > 鏡野町一時支援金事業
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
鏡野町一時支援金事業

  鏡野町一時支援金事業

 

 新型コロナウイルスの影響により厳しい経営状況が続いている町内の事業者の皆様に、多岐にわたってご利用いただける一時支援金の制度を創設しました。

 この制度は、

 

①国の一時支援金又は岡山県の飲食店等一時支援金を受給した方に上乗せで給付 

②本事業を単独で受給 

 

の2通りで申請していただけます。

 

 詳しくは下記をご覧ください。

 

【対象となる方】

 ①の場合は、以下の全てを満たしている必要があります。

 ・国の「一時支援金」又は岡山県の「岡山県飲食店等一時支援金」を受給している

 ・令和2年12月末時点において、法人にあっては町内に事業所がある、個人にあっては町内に住所を有する

 ・今後も事業を継続する意思がある

 

 ②の場合は、以下の全てを満たしている必要があります。

 ・令和2年12月末時点において、法人にあっては町内に事業所がある、個人にあっては町内に住所を有する

 ・のいずれかの業種に該当する

 ・今後も事業を継続する意思がある

 ・令和3年1月から3月までの間で、新型コロナウイルス感染症拡大等の影響により、令和元年または令和2年の同月比で

  事業収入が20%以上減少した月がある

 ・総収入の50%以上が事業収入である

 

【対象経費】

 対象月の売上が令和元年又は令和2年の同月比で20%以上減少した額

 

【補助金額】

 法人事業者一律20万円 個人事業者一律10万円

 

【公募期間】

 令和3年7月1日~令和4年3月31日

 

【事業の申請】

 本事業を受けようとする方は、それぞれ該当する補助金等交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して提出してください。

 ①の場合 申請書

  • 国又は県の補助を受けたことがわかる通知書の写し
  • 振込先口座を確認できる通帳等の写し(法人の場合、代表者名義も可)
  • 法人の場合は履歴事項全部証明書、個人事業者の場合は本人確認書類の写し
  • 町税の滞納がないことを証明する書類(個人の場合は納税等状況調査への同意で可)
  • 誓約書
  • その他町長が必要と認める書類

 ②の場合 申請書

  • チェックリスト(法人の場合はこちら 個人の場合はこちら
  • 令和元年又は令和2年の確定申告書の控え
  • 令和3年1月から3月までの売上台帳等の写し
  • 振込先口座を確認できる通帳写し(法人の場合、代表者名義も可)
  • 法人の場合は履歴事項全部証明書、個人事業者の場合は本人確認書類の写し
  • 町税の滞納がないことを証明する書類(個人の場合は納税等状況調査への同意で可)
  • 誓約書
  • その他町長が必要と認める書類

 

【補助金の支払い】

 交付決定となりましたら、確定通知をお送りします。

 補助金は、請求書により随時お支払いします。 

 補助金の支払いは同一人に対して1度が限度です。

 

 

 この他詳細は、こちらをご覧ください。


 

 申請、ご相談をされる際は、事前にご連絡ください。

 
 
 お問い合わせ
 
 

 鏡野町商工会    TEL 0868-54-3311 

 鏡野町産業観光課  TEL 0868-54-2987


ページトップへ