文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 合併協議会 > 4町村の概要
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
4町村の概要

  
  
   
  
  
  
  

富村ホームページへ 【富村】
布施神社と神田神社の2つの神社があり、これらの神社は春季秋季の祭礼などにより地域住民のまとまりの中心(地域社会の象徴)として本村の精神的風土の形成に大きな影響を与えてきました。古くは製鉄と木工品の製造の地として栄え、その後は木炭の生産地として栄えてきました。明治22年町村制施行の際、富仲間、富東谷、富西谷、大、楠村の5ヶ村の合併により富村となり、平成元年には村制施行100周年を迎え現在に至っています。
奥津町ホームページへ 【奥津町】
明治4年、廃藩置県により北条県になり、明治9年、岡山県に編入され西西条郡に属し、後明治11年苫田郡となりました。
明治22年、町村制の施行により久田上原、久田下原、土生、黒木、河内の5ヶ村が合併し久田村。至孝農、女原、井坂、養野、杉、西屋、箱の7ヶ村が合併して泉村。羽出、羽出西谷の2ヶ村が合併し羽出村。奥津、奥津川西、長藤、下斎原の4ヶ村が合併し奥津村となり、昭和28年合併促進法が施行され、久田村、泉村、が昭和30年をもって合併し苫田村となり、さらに昭和34年、苫田村、羽出村、奥津村が合併し奥津町が誕生しました。
上齋原村ホームページへ 【上齋原村】
往古、上齋原村は、富庄に属し、江戸時代は森氏の津山藩領の後、幕府直轄地、私領などめまぐるしく支配がかわり、その後明治2年備中倉敷県、明治4年北条県所管、明治9年岡山県に合併されました。明治16年現在の奥津、奥津川西、長藤、下斎原それに上齋原の5ヶ村連合戸長役場が長藤におかれ、町村制の施行により明治22年6月上齋原村として独立、以来そのままの行政区域をもって現在に至っています。
鏡野町ホームページへ 【鏡野町】
 明治22年町村制施行により百谷村、真経村、大町村、岩屋村、越畑村が香々美北村に、寺和田村、香々美村、市場村、公保田村、沢田村、沖村が香々美南村に、和田村、円宗寺村、竹田村、瀬戸村、土居村、貞永寺村が大野村に、真加部村、宗枝村、古川村、寺元村、布原村、吉原村が芳野村に、小座村、上森原村、下森原村、馬場村、塚谷村が小田村に、山城村、入村、中谷村が中谷村に、高山村、河本村、原村、薪森原村、下原村が郷村として合併しました。
昭和27年香々美北村、香々美南村、大野村、芳野村、小田村、中谷村の6ヶ村が対等合併により鏡野町が誕生しました。その後昭和30年に郷村を編入合併し、平成14年には町制施行50周年を迎えました。

(1)面積の状況
(単位:k㎡)
区  分 富  村 奥 津 町 上齋原村 鏡 野 町 合  計
面  積 76.1 130.8 90.5 122.2 419.6
構 成 比 18.1% 31.2% 21.6% 29.1% 100.0%
(2)人口、世帯数、年齢別人口の状況
(平成12年国勢調査 単位:人、世帯、%)
区  別 富  村 奥 津 町 上齋原村 鏡 野 町 合  計
人  口 851 1,841 948 11,451 15,091
構 成 比 5.6% 12.2% 6.3% 75.9% 100.0%
世 帯 数 303 681 339 3,513 4,836
構 成 比 6.3% 14.1% 7.0% 72.6% 100.0%
年齢別人口 0~14歳 98 207 128 1,612 2,045
構 成 比 11.5% 11.2% 13.5% 14.1% 13.6%
15~64歳 406 938 522 6,518 8,384
構 成 比 47.7% 51.0% 55.1% 56.9% 55.6%
65歳から 347 696 298 3,321 4,662
構 成 比 40.8% 37.8% 31.4% 29.0% 30.9%
平 均 年 齢 52.7 51.8 48.0 46.7 47.7

(1)就業者数
単位 富  村 奥 津 町 上齋原村 鏡 野 町 合  計
人口総数 851 1,841 948 11,451 15,091
就業者総数 429 965 509 5,697 7,600
第1次産業従事者数 137 209 73 987 1,406
第2次産業従事者数 96 247 49 2,054 2,446
第3次産業従事者数 196 509 386 2,655 3,746
   資料:「平成12年国勢調査」 (総務省統計局)
(2)事業所数
単位 富  村 奥 津 町 上齋原村 鏡 野 町 合  計
事業所数 箇所 37 103 34 426 600
従業員数 178 502 599 3,231 4,510
   資料:「平成12年岡山県統計年報」(岡山県企画振興部)
(3)農業の状況
単位 富  村 奥 津 町 上齋原村 鏡 野 町 合  計
総農家数 174 364 159 1,761 2,458
専業農家 23 70 10 225 328
第1種兼業農家 15 13 6 50 84
第2種兼業農家 107 208 108 1,096 1,519
農業粗生産額 百万円 220 390 100 1,940 2,650
   資料:「平成12年岡山県統計年報」(岡山県企画振興部)、
「統計で見る市町村のすがた」(総務省統計局)
(4)商工業の状況
 ①商業の状況
単位 富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
商店数(飲食店を除く) 箇所 7 27 6 133 173
従業者数(飲食店を除く) 24 68 18 652 762
   資料:「平成12年岡山県統計年報」(岡山県企画振興部)
 ②工業の状況
単位 富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
事業所数 箇所 0 3 0 34 37
従業者数 0 24 0 837 861
   資料:「平成12年岡山県統計年報」(岡山県企画振興部)

富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
公営住宅 個所数 2 2 2 4 10
戸数 18 14 12 39 83
保育所 個所数 1 2 0 4 7
定員数 20 45 0 330 395
入所者数 19 37 0 252 308
幼稚園 園数 0 0 1 1 2
定員数 0 0 40 70 110
入園者数 0 0 14 34 48
小学校 校数 1 1 1 5 8
児童数 33 94 47 603 777
中学校 校数 1 1 1 1 4
生徒数 32 47 21 388 488
図書館 設置数 0 0 0 0 0
体育館 設置数 2 2 0 1 5
野球場 設置数 1 1 1 1 4
会館等 設置数 0 1 1 0 2
収容定員数 0 200 299 0 499
養護老人ホーム 設置数 0 0 0 1 1
定員 0 0 0 50 50
   資料:「平成13年度市町村公共施設状況調査」

(1)議会の状況
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
法定数(人) 12 12 12 22 58
現員数(人) 8 10 8 16 42
任期 H19.4.30 H19.4.29 H17.8.24 H16.12.9
   ※合併後の議会議員の法定数は22人となります。
(2)農業委員会の状況
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
現員数(人) 11 12 12 20 55
任期 H17.7.19 H16.5.15 H17.7.18 H17.7.19
   ※合併後の農業委員による委員定数は30人以下、推薦委員は6名以内となります。
(3)職員の状況
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町 合 計
一般職員 40 78 48 116 282
病院職員 49 49
合計 40 78 48 165 331
   資料:「平成14年度地方公務員給与実態調査」
   ※合併後は定員適正化計画に基づき定員管理の適正化を図る。
(4)主な市町村税の状況(税率等は大部分同じです。)
  ①市町村民税(平成14年度)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
個人 均等割(円) 2,000 2,000 2,000 2,000
所得割(%) 標準税率 標準税率 標準税率 標準税率
法人 均等割(円) 標準税率 標準税率 標準税率 標準税率
所得割(%) 14.2 14.7 14.7 14.7
  ②固定資産税(平成14年度)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
税率(%) 1.4 1.4 1.4 1.4
  ③軽自動車税(平成14年度)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
原動機付自転車
(円)
1,000~
2,500
1,000~
2,500
1,000~
2,500
1,000~
2,500
軽自動車
(円)
2,400~
7,200
2,400~
7,200
2,400~
7,200
2,400~
7,200
小型特殊自動車
(円)
1,600~
4,700
1,600~
4,700
1,600~
4,700
1,600~
4,700
二輪小型自動車
(円)
4,000 4,000 4,000 4,000
(5)国民健康保険税(料) (平成14年度)
(単位:%、円)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
所得割 医療分 7.90 7.10 5.71 7.50
(%)  介護分 1.06 0.82 0.79 0.73
資産割 医療分 60.10 48.20 29.64 40.00
(%)  介護分 8.70 7.80 5.35 5.00
均等割 医療分 21,700 26,500 23,000 26,000
(円)  介護分 6,500 6,000 5,000 5,400
平等割 医療分 19,200 25,000 20,000 26,000
(円)  介護分 3,400 3,500 2,600 3,000
平均額(試算) 医療分 120,130 127,960 103,442 127,500
(円)  介護分 27,490 24,400 20,525 21,140
(6)介護保険料(年額) (平成12~14年度)
(単位:円)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
基準額 37,700 24,900 23,100 26,300
段階別 1段階 18,800 12,500 11,600 13,100
2段階 28,300 18,700 17,400 19,700
3段階 37,700 24,900 23,100 26,300
4段階 47,100 31,100 29,000 32,800
5段階 56,500 37,400 34,800 39,400
(7)主な使用料の状況 (平成14年度)
  ①水道料金(一般家庭用) (月額)
(単位:円)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
上水道 10立方メートル使用 1,900
20立方メートル使用 4,000
簡易水道 10立方メートル使用 1,050 1,520 600 1,100~
2,400
20立方メートル使用 1,575 1,780 1,100 1,700~
4,800
  ②保育料(月額)
(単位:円)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
0歳児
3歳未満児 8,000~
40,200
9,000~
64,000
9,000~
64,000
7,400~
76,200
3歳児 6,000~
30,300
6,000~
33,000
6,000~
33,000
5,000~
35,000
4歳以上児 6,000~
30,300
6,000~
25,700
6,000~
25,700
5,000~
30,000
(8)主な手数料の状況(平成14年度)
(単位:円)
富 村 奥津町 上齋原村 鏡野町
戸籍謄本・抄本 450 450 450 450
印鑑証明 200 300 200 200
住民票 200 300 200 200
税務証明 200 300 200 200
督促手数料 80 50 60 100

普通会計決算の状況(平成13年度)
(単位:千円)
費  目 富村 奥津町 上齋原村 鏡野町
1.地方税 53,565 200,144 319,914 1,100,488
  (1)個人住民税 15,665 44,645 33,420 306,811
  (2)法人住民税 2,032 29,857 9,133 248,323
  (3)固定資産税 30,524 107,181 264,245 474,650
  (4)軽自動車税 2,300 4,902 2,423 26,195
  (5)市町村たばこ税 3,044 11,276 5,695 44,509
  (6)特別土地保有税 87
  (7)入湯税 2,196 4,998
  (8)都市計画税
2.地方譲与税 6,711 24,222 20,708 81,248
  (1)地方道路譲与税 2,496 9,012 7,704 30,229
  (2)自動車重量譲与税 4,251 15,210 13,004 51,019
  (3)消費譲与税
3.利子割交付金 3,513 9,014 6,353 58,292
4.地方消費税交付金 6,609 16,715 11,606 94,585
5.ゴルフ場利用税交付金 3,348
6.特別地方消費税交付金
7.自動車取得税交付金 3,417 12,342 10,581 41,491
8.地方特例交付金 1,545 5,293 3,091 43,907
9.地方交付税 766,928 1,463,237 583,577 2,315,000
  (1)普通交付税 654,684 1,335,358 503,221 2,045,127
  (2)特別交付税 112,244 127,879 80,356 269,873
10.交通安全対策特別交付金 596 1,999
11.分担金及び負担金 3,787 235,565 9,695 104,838
12.使用料 10,314 34,147 20,808 81,746
13.手数料 686 2,044 522 6,598
14.国庫支出金 161,980 120,372 333,163 172,002
15.県支出金 66,942 284,772 144,497 338,318
16.財産収入 9,424 5,926 39,153 5,474
17.寄附金 27 3,235
18.繰入金 259,127 165,120 263,334 236,801
19.繰越金 147,986 237,004 121,113 450,211
20.諸収入 31,723 286,581 41,256 180,293
23.地方債 338,800 484,300 277,600 727,900
  うち県貸付金 40,000 49,000
  うち減税補てん債 600 2,200 1,200 16,300
  うち臨時財政対策債 35,400 49,900 36,200 92,500
歳入合計 1,873,057 3,590,769 2,206,971 6,044,426
1.人件費 346,307 634,543 372,474 1,024,844
  うち職員給与 187,617 403,172 207,806 603,016
2.物件費 133,552 292,655 347,838 822,074
3.維持補修費 17,275 18,020 24,874 55,345
4.扶助費 11,524 36,022 6,293 112,682
5.補助費等 183,574 236,560 270,331 614,491
  うち一部事務組合に対するもの 37,212 112,128 39,456 281,320
6.普通建設事業費 743,673 991,636 766,077 1,556,484
7.災害復旧事業費 6,733 8,162 6,995 2,268
8.公債費 186,035 730,064 244,316 500,797
9.積立金 17,993 13,683 1,336 21,383
10.投資及び出資金 1,700 2,300 6,160 19,680
11.貸付金 1,000 8,720 17,000
12.繰出金 89,793 307,692 82,509 622,416
歳出合計 1,739,159 3,280,057 2,129,203 5,369,464
  歳入歳出差引 133,898 310,712 77,768 674,962
  翌年度に繰り越す財源 50,524 16,357 225,737
  実質収支 83,374 294,355 77,768 449,225

4町村の財政指標(平成13年度)
項目 単位 富村 奥津町 上齋原村 鏡野町
基準財政需要額 千円 717,681 1,548,585 781,477 3,105,826
基準財政収入額 千円 62,465 212,080 277,677 1,058,399
標準財政規模 千円 735,531 1,609,876 866,251 3,428,262
財政力指数(単年) 0.087 0.137 0.355 0.341
実質収支比率 11.3 18.3 9.0 13.1
経常収支比率 94.8 94.6 90.2 70.6
公債費比率 15.2 20.5 18.7 7.8
地方債現在高 千円 2,306,846 6,223,298 2,567,276 3,911,194
積立金現在高 千円 359,027 1,032,109 584,841 4,072,983
基準財政需要額と基準財政収入額とは、普通交付税の算定の基礎となるもので、財政需要及び税収入を一定の方法により算定した額です。
標準財政規模とは、国庫補助金や地方債などの特定財源を除いた経常的な一般財源の規模を示すものです。
財政力指数とは、財政基盤の強さを示す指標です。指数が大きいほど財政力が強く、「1」を超える場合は、普通交付税は交付されません。
実質収支比率とは、標準財政規模に対する実質収支額の割合をいいます。これは多額がよいというもではなく、3~5%が適当といわれています。
経常収支比率とは、財政構造の弾力性を判断するための比率です。80%を超える場合には弾力性が失われつつあるといわれています。
公債費比率とは、各町村の借入金合計額の一般財源に占める割合をいいます。10%を超さないことが望ましいとされています。
地方債現在高とは、各町村の借入金に対する返済額の現在額高をいいます。
積立金現在高とは、年度間の財源変動に対応するため積み立てられた基金の現在高をいいます。


ページトップへ