文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > くらし安全課 > 【注意喚起】窓やベランダからの子どもの転落事故の予防
HOME > くらしの情報 > 消費生活 > 【注意喚起】窓やベランダからの子どもの転落事故の予防
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
NHKに関する手続き
【注意喚起】窓やベランダからの子どもの転落事故の予防

窓やベランダからの子どもの転落事故にご注意ください!

 

子どもが住居などの窓やベランダから転落し、死亡する事故が多く発生しています。

転落事故については、下記のような事例が多い傾向にあります。

 

■窓を開けたり、ベランダに出る機会が増える夏頃に増加

■子どもの中でも3~4歳の転落事故が最も多い

■2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断されている事例が多い

■窓が開いた部屋で子どもだけで遊んでいて発生する事例が多い

 

事故情報の分析まとめ(消費者庁作成)

 

事故防止のためのポイント

 

(1)窓やベランダ周辺の環境づくり

 

 ①窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものを置かない。

  特に、エアコンの室外機の置き場等は工夫が必要。

 ②窓、網戸、ベランダの手すり等に劣化がないかを定期的に点検

 ③窓や網戸に子どもの手が届かない位置に補助錠をつける。

  (換気する際も同様)

 

(2)子どもの見守り・子どもの教育

 

 ①子どもだけを家に残して外出しない。

 ②窓を開けた部屋やベランダでは子どもだけでは遊ばせない。

 

子どもから一瞬も目を離さないことには、限界がありますので、転落事故が起こりにくい環境づくりを心がけてください。

 

くらし安全課生活安全係

電話 0868-54-2621


ページトップへ