文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > くらし安全課 > 【注意喚起】8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!
HOME > くらしの情報 > 消費生活 > 【注意喚起】8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
NHKに関する手続き
【注意喚起】8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!

 8月は、制汗剤・冷却スプレー・殺虫剤などのスプレー缶を使用する機会が多くなる時期です。

 スプレー缶は、エアゾール製品と呼ばれ、生活の様々な場面で利用され、大変便利なものです。しかし、使い方を誤ると爆発火災につながるおそれがあるので、使用時・保管時・廃棄時には十分注意し、安全に使用しましょう。

 

(1) 使用時の注意

使用時は十分に換気し、噴射時間及び距離を守りましょう。

②可燃性のガスが封入されていますので、ガスコンロや蚊取り線香など火気のある場所の近くでは使用しないでください。

 

(2) 保管時の注意

①直射日光の当たる場所や、車内など40℃以上になる高温の場所に置かないでください。

②子どもの手の届かない、湿気の少ない場所で保管しましょう。

 

(3) 廃棄時の注意

廃棄の際は、ガスなどを完全に抜いて資源ごみとして指定の場所へ出してください。

 

<参考>

「8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!」(消費者庁)

 

くらし安全課 電話:0868-54-2621


ページトップへ