文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 令和元年11月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
令和元年11月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます

奥津渓がきれいに色付きました
  今年は気温の影響で紅葉が遅れた奥津渓ですが、11月8日ごろには全面色付きました。

 

また、日が落ちる頃になると、ライトアップされた紅葉が多くの来場者を幻想的な光景で出迎えていました。

 
 

 中央こども園防火パレード
  11月6日(水)、かがみの中央こども園の年長組による防火パレードが行われました。

これは、地元消防団とかがみの中央こども園の年長組が一緒になって、園の周辺を練り歩き、各家の前で防火を呼びかけるものです。

子どもたちは半纏(はんてん)を身に着け、まといを持ち、拍子木を鳴らし「火の用心、マッチ一本火事の元」と声をあげながら周辺の火災の予防を呼びかけていました。


 

 

高清水トレイルグランドオープン
   平成29年度より整備していた人形峠から伯州山までのトレッキングコース「高清水トレイル」が117日(木)にグランドオープンし、それに合わせて完成記念セレモニーとシンポジウムが開かれました。

完成記念セレモニーでは、山崎町長や松浦三朝町長をはじめ、岡山、鳥取県知事など約300人が出席しました。式典終了後には参加者は赤く色づいた山の景色などを満喫しながら高清水までの記念ウォークを楽しみました。

シンポジウムでは、NPO法人日本トレッキング協会国井会長、市毛理事、株式会社モンベル辰野代表取締役会長、林野庁木下山村振興・緑化推進室長、松浦三朝町長、山崎町長による「トレッキングと健康」のテーマで討論会が行われました。

 
 
 

 

ソーラン鏡野感謝の舞台
  11月10日(日)、鏡野中学校講堂で、第3回ソーラン鏡野感謝の舞台が開催されました。このイベントは、商工会女性部を中心にソーラン鏡野が結成されてから15周年を迎えることを記念して開かれたものです。

舞台では、ソーラン鏡野の15年の歩みとしてまとめられた映像を皮切りに、「東京五輪音頭」や「タキオソーラン」といったソーラン鏡野の代表的な踊りや宮坂流による舞、まなび組・希星会の踊りなど数多くの演目が披露されました。演目が終わるたびに、観客席からは割れんばかりの拍手が送られていました。

 

 
 

 

 第14回かがみのハーフマラソン&健康マラソン大会
   11月17日(日)、第14回「かがみのハーフマラソン&健康マラソン大会」が開催されました。開会式ではウインドアンサンブル響によるオープニングコンサートが行われましたが、人気の楽曲の演奏に合わせて、子どもたちがダンスを披露する場面もありました。

競技は今年も天候にも恵まれ、県内外から961人のランナーが距離や男女、年齢別の18種目に分かれてスタートしました。

今年は第10回大会以降休止されていた5㎞の部が復活し、87人の方が参加されました。3㎞フレンズ&ファミリーの部にも多数の方が参加され、ゴール前ではチームみんなで手を繋いで一緒にゴールする姿も見られました。ランナーたちは秋深まる香々美川沿いのコースを力走し、沿道からは大きな声援が送られていました。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ