文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 令和元年7月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
令和元年7月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます

69回社会を明るくする運動

 7月1日(月)、鏡野町役場庁舎玄関前にて、社会を明るくする運動メッセージ伝達式が行われました。社会を明るくする運動とは、すべての国民が犯罪と非行の防止と立ち直りについて考え、それぞれの立場で力を合わせて犯罪や非行のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、7月1日から同月31日までが強化月間となっています。伝達式では内閣総理大臣からのメッセージが読み上げられ、「安全で安心な国づくりのためには、犯罪や非行からの立ち直りに取り組む人たちを再び地域に受け入れ、地域の中で適切な「仕事」や「居場所」を確保することなどにより、責任ある社会の一員となるよう支え、誰もが「RE:スタート」できる社会を構成することが重要です。」と伝えられました。

 

伝達式の後は、プラント5、町内小中学校、郵便局及び奥津温泉道の駅において街頭啓発活動が行われ、啓発グッズが配布されました。

 

安全で安心して暮らせるまち、明るい地域、犯罪や非行のない明るい社会の実現に向け、多くの皆さんにご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

郷幼稚園七夕交流会
  73日(水)、郷公民館において郷幼稚園と郷老人会の七夕交流会が行われました。

この会は、園児に七夕について知ってもらい、地域の方々との交流を通じて楽しく体験してもらうことを目的として毎年行われています。

はじめに園児たちは、おばあちゃんたちから教わりながら野菜を切ったり皮をむいたりして昼食のカレーの準備を手伝いました。

そしてカレーを煮ている間に、先生から織姫と彦星の紙芝居を聞いたり、来てくれたおじいちゃんおばあちゃんに一生懸命練習したきらきら星の演奏をプレゼントしました。

その後みんなで七夕の飾りを作ったり、願い事を書いた短冊の飾りつけをしました。

願い事の中には「おいしいカレーが食べたい」と書かれたものもあり、すぐに願いがかなった子もいたようでした。

 

 

 
 
 
 

 

鏡野地域老人クラブ連合会スポーツ大会 
  7月5日(金)に鏡野町文化スポーツセンターで鏡野地域老人クラブ連合会スポーツ大会が行われました。 この日、かがみのドームで行われたゲートボールの部には5チーム26名が参加し、文化スポーツセンターで行われた輪投げの部には60チーム338名が参加しました。

どちらの競技もナイスプレーが出る度に歓声が上がり、楽しい大会となりました。

大会結果は次のとおりです。

 

ゲートボールの部

優 勝 香北Aチーム

準優勝 下円宗寺チーム

第3位 中谷チーム

敢闘賞 香北Bチーム

 

輪投げの部

優 勝 下森原Aチーム

準優勝 吉栄Aチーム

第3位 吉原北Aチーム

敢闘賞 布原Bチーム

塚谷Aチーム

真経チーム

百谷Aチーム

下円Aチーム

 

自衛官募集相談員委嘱式
  78日(月)、鏡野町危機管理センターにおいて、令和元年度鏡野町自衛官募集相談員委嘱式が行われ、一ノ瀬顕典さんが任期継続し、山崎町長と自衛隊岡山地方協力本部長の山根直樹さんから委嘱状が交付されました。

山崎町長は「相談員として大変重い任務に就いていただいておりますが、これからもしっかり相談員としての職責を果たしてもらいたいと思います。」と話されていました。

 

 鏡野町立図書館 文部科学大臣表彰
    子供の読書活動の推進に優れた成果を上げたとして、鏡野町立図書館が2019年度「子供の読書活動優秀実践図書館」として文部科学大臣表彰に選ばれました。 同館は町総合文化施設ペスタロッチ館の1階にあり2003年に開館しました。蔵書は現在13万冊で、そのうち児童書は3万4千冊。幼い頃から本に親しんでもらおうと、0歳のブックスタートをはじめ、読み聞かせや本の紹介、工作、夏休みの読書感想文教室、読書週間の行事などで魅力を伝えています。

また小中学校や児童クラブへの団体貸出、学校の図書室支援を通し、読書活動を支えています。

宗森妙子館長は「これからもご家族、地域の皆様、学校と連携を深め、より良い読書環境を育んでまいります」と決意を新たにしていました。

 

 

 岩井滝まつり
   7月10日(水)上齋原岩井滝にて「岩井滝まつり」が開催されました。このまつりは、お告げにより岩井の水を21日間飲み続けた村人が、7月10日に念願の子宝を授かったという言い伝えにちなみ、毎年7月10日に行われています。

まつりでは、はじめに山伏姿の僧侶が滝裏に祀られている不動明王像の前で護摩焚きを行いました。次に滝のふもとで護摩木を囲み、東西南北、中央、その年の鬼門に向けて法矢を放ち、邪気払いを行った後、護摩壇に火を点け護摩供養が行われ、無病息災や五穀豊穣が祈願されました。

岩井滝は別名「裏見の滝」と呼ばれ、流れ落ちる清流を滝の裏側から眺めることができる珍しい滝であり、この日も町内外から多くの観光客やカメラマンが訪れていました。また、岩井滝駐車場では、ひらめ(あまご)の塩焼きやとち餅など地元料理が出店され、観光客らで賑わいました。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ