文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成30年10月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成30年10月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます

 人権スポーツふれあい教室
  10月10日(木)、香々美小学校体育館において、バレーボールVリーグ女子の岡山シーガルズの選手を招いて人権スポーツふれあい教室が行われました。

この教室では、子どもたちとスポーツ選手との交流の場を設け、スポーツを通じて思いやりの大切さを伝えることにより人権についての理解を深めることを目的として行われています。

今回は香々美小学校と香北小学校の児童総勢57名が参加して、居村 杏奈(いむら あんな)選手、楢崎 慈恵(ならさき よしえ)選手、下司 響生(しもつかさ ひびき)選手、神田 千絵(かんだ ちえ)アシスタントコーチと一緒に円陣パスやミニゲームなどでソフトバレーボールを楽しみました。緊張からか、はじめは少し動きがぎこちなかった子どもたちも、時間が経つにつれてどんどん動きがよくなっていました。

交流の中でシーガルズの選手から「小学生の時、高身長であることにコンプレックスを感じていたが、バレーボールによって自信に変わった」という話や「練習が本当に苦しくバレーボールをやめようと思ったこともあったが、友達に支えられて続けることができた」という話をしていただき、子どもたちは大切なことを学ぶことができたようでした。

 

 

 岡山 鏡野SEA TO SUMMIT2018
   10月13日(土)・14日(日)、「岡山 鏡野SEA TO SUMMIT2018」が開催され、全国各地から134人の選手が参加し、秋晴れの下、鏡野町の自然を満喫しました。

昨年に引き続き町内で開催されたこのイベントは、海・里・山を人力のみで進む中で自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えることを目的とした環境スポーツイベントで、環境シンポジウムとカヤック・自転車・登山を楽しむ野外活動が2日間の日程に分けて行われました。

13日(土)には上齋原文化センターヴァルトホールで、開会式と環境シンポジウムが行われ、NPO法人地球年代学ネットワーク理事長の板谷徹丸さんや鏡野町生涯学習課の日下隆春さんによる講演がありました。

14日(日)に行われた野外活動では、奥津湖畔広場から三ケ上(標高1062m:上齋原)の頂上までの総距離約30キロのコースを参加選手たちが、カヤック・自転車・登山の順で町内の色づき始めた山々の景色を楽しみながらゴールを目指しました。

今年も伊原木県知事たちとチームを組んで参加した山崎町長は、三ケ上の頂上を目指す参加選手たちに「がんばりましょう!」と声をかけるなど、交流を深めながら見事ゴールされました。

 
 

 

 

 上齋原ふるさと祭り
   1021()、上齋原文化センターにて上齋原ふるさと祭りが開催されました。会場内には多くの出店やテントが並び、地元の特産品などが販売されていました。

会場に設置された特設ステージでは、ソーラン鏡野の踊りや大正琴、宮坂流舞踊などが披露され、来場者を楽しませました。

また、「丘みどり ステージショー」では、昨年の紅白歌合戦に出場した丘みどりさんの歌声に、聴衆は魅了されていました。

 

 

 図書館15周年記念 みんなでバルーンアート
   10月21日(日)ペスタロッチ館夢ホールにおいて、図書館開館15周年記念みんなでバルーンアートが開催されました。この日はバルーンアート作家の野村昌子さんを招いて、カボチャのランタンを形取ったバルーンを参加者全員で作成しました。

慣れない作業に悪戦苦闘しながらも完成したバルーンに、子どもたちはみんな満面の笑みを浮かべていました

 

 第11回奥津もみじ祭り
   1027日(土)奥津振興センターにおいて「第11回奥津もみじ祭り」が開催されました。会場に設置された特設ステージでは、奥津保育園の園児と鏡野町のマスコットキャラクターみずりんによる元気いっぱいのTAKIOソーランを皮切りに、銭太鼓や傘踊り、吹奏楽やバンド演奏など様々な出し物で来場者を楽しませていました。吹奏楽やバンド演奏については、演奏後に何度もアンコールが請われ大変な盛り上がりを見せていました。

会場内にはテント村が設置され、地元の特産品が販売されていたり、庁舎内には奥津小学校の児童の作品や地元団体による詩や写真、木工や折り紙といった多様な作品が展示されていました。

当日は心配されていた雨もなんとか持ちこたえ、奥津渓一帯の紅葉を楽しみに訪れた多くの見物客で賑わっていました。

奥津渓は1027日(土)から1111日(日)までの期間中、夕暮れから午後9時まで夜間ライトアップされ、幻想的な景色が楽しめます

 
 
 

 

 平成30年度鏡野町文化祭
   1027()28()2日にかけて、鏡野町立中央公民館において平成30年度鏡野町文化祭が開催されました。27()には、第32回鏡野万葉のみち青少年文芸選奨と第22回香々美川文芸選奨の表彰が行われ、受賞作品が発表されました。受賞した作品については、広報かがみの11月号の1011頁に掲載されていますのでご覧ください。

28()には大集会室で芸能発表が行われました。楽器の演奏やコーラス、詩や昔語り、ダンスや舞踊が披露され、演目が終わるたびに会場中から大きな拍手が沸き起こっていました。

また、両日にわたり公民館内の各部屋に絵画や華道、木工や盆栽といった様々な作品が展示され、来場者を楽しませていました。

 
 
 
 

 

 「夢林道」開通記念タイムカプセル開蓋記念式典
   1027()、越畑と奥津とを結ぶ笠菅峠の「夢林道」記念碑前にて、「夢林道」開通20周年を記念してタイムカプセル開蓋記念式典が開催され、関係者やタイムカプセルを埋めた当時奥津保育園児だった方々が集まりました。式典では、町長のあいさつの後に林道敷設の経緯が説明されタイムカプセルが開封されました。カプセルの中からは当時の園児たちの写真や好きなものが書かれた用紙などが入っており、受け取った方たちからは昔を懐かしむ声が溢れていました。

 

 


ページトップへ