文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成30年9月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成30年9月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます

奥津・上齋原地域敬老祝賀会
  91()上齋原文化センターで、奥津・上齋原地域敬老祝賀会が行われました。

参加対象の75歳以上が、奥津・上齋原地域は580 人。このうち137人が参加しました。

山崎町長がお祝いの言葉を述べたあと、米寿を迎えられた参加者の代表の方に記念品が贈られました。

今年のアトラクションは地元芸能団体からの出し物で、演奏やコーラス、踊りなどが披露されると、会場の至る処から感嘆の声が上がっていました。

 

 

 交通安全啓発用マスコット寄贈
  93()、鏡野町役場応接室において鏡野町老人クラブ連合会女性部部長の杉田登誌子さんから、交通安全啓発用マスコット200個が山崎町長へ手渡されました。

マスコットを受け取った町長は「町民の方、あるいは通行される方へ広く行き渡るようにいたします。」とお礼を述べました。このマスコットは、9月21日(金)に行われた「秋の交通安全県民運動 鏡野・津山地域推進大会」で参加者へ配布されました。

 

 

 2018 鏡野町産業まつり
   9月9日(日)、鏡野ドームで「2018 鏡野町産業まつり」が開催されました。(来場者数主催者発表10,000人)

 

会場内には多くの地元各種団体のブースが展開され、町内産の野菜や果物、ひらめの塩焼きや和牛串といった特産品が販売されていました。特設ステージでは、鏡野町出身のシンガーソングライター中塚詩音さんの公演や人気の仮面ライダーショー、大道芸人LEOのパフォーマンスショーにソーラン鏡野踊りやビンゴ大会など多くのイベントが行われ、会場を大いに盛り上げました。

 

当日はあいにくの悪天候の中での開催となりましたが、子ども連れの家族を中心とした多くの観客でにぎわいました。

 
 

 

 第3回鏡野中学校体育祭
  911()、鏡野中学校で第3回鏡野中学校体育祭が開催されました。生徒たちは大会スローガン「限界突破!全力疾走~俺らの絆は半端ないって!~」のもと優勝を目指しました。

 

競技はリレー種目を中心に、創作ダンスや各学年が企画した競技が取り入れられるなど多様なものとなっており、生徒たちはこれまでの練習の成果を全力で出し切って競技に臨んでいました。最終種目の学年選抜リレーでは、生徒だけでなく先生チームも参加してのレースとなり、会場を大いに盛り上げました。

 

観覧席からは、頑張る選手たちを応援する保護者から大きな声援が送られ、会場全体が熱気に包まれていました。

 
 
 
 

 

 平成30年秋の交通安全県民運動
   9月21日(金)、鏡野町中央公民館において「平成30年 秋の交通安全県民運動 鏡野・津山地域推進大会」が行われ、鏡野町や津山市の交通安全対策協議会員など約230人が出席しました。

この大会は9月21日(金)から9月30日(日)にかけて10日間行われた「平成30年秋の交通安全県民運動」に合わせて実施されたもので、山崎町長から「交通社会に参加する歩行者、自転車、および自動車を運転するすべての方が、それぞれ「基本的な交通ルールを守る」ことが、自身を含め、みんなの身を守ることに通じるものと確信しています。一つしかない大事な命をみんなで守りましょう。」と交通安全に対する決意表明が発表されました。

大会には、かがみの中央こども園のぞう組(年長組)が登場し、交通安全啓発ソングに合わせたダンスや、交通安全に対する誓いの言葉を元気よく発表し交通安全を呼びかけました。

大会終了後は、中央公民館前で出発式が行われ、白バイを先頭に、パトカーや広報車などが、交通安全の啓発を行いました。

 

 

 

 平成30年度鏡野町奥津地域交通安全協会秋のテント村
   9月23日(日)、奥津振興センター前の国道で、平成30年度鏡野町奥津地域交通安全協会秋のテント村が開催されました。テント村には、交通安全協会役員、テント村参加協力団体、奥津保育園児、津山警察署等46名が集まり、奥津保育園児が中心となってドライバーへ啓発用品200セットを配布し、安全運転を呼びかけました。
 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ