文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成30年5月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成30年5月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます

第20回上齋原神社奉納おんな相撲大会
  5月1日(火)、上齋原神社で、恒例の「奉納おんな相撲大会」が行われました。今回で20回目の節目となる大会には、町内外の中学生から60代までの26人が出場しました。

トーナメント戦で取組が行われ、観客からの大きな声援を受けながら、熱戦が繰り広げられました。

 

 昔ながらの田植え再現、お田植祭
  5月5日(土)、布施神社前の田んぼで、富「昔ながらの田植え再現」が行われました。牛を使い「荒起し」や「代掻き」をし、仕上げの「鍬代」を終えると、鮮やかな衣装に身を包んだ早乙女が、横一列に並び、苗を一株ずつ手で植えていきました。

田んぼの周りには多くの見物客やカメラマンが詰めかけていました。

 

「昔ながらの田植え再現」に続き、岡山県重要無形民俗文化財に指定されている、五穀豊穣を祈る神事「お田植祭」が布施神社で行われました。

水田に見立てた境内を獅子練りで清めた後、「荒起こし」や「代掻き」、「鍬代」などをユーモラスに表現。

殿様が笑えばその年は不作にとなると言い伝えられている「殿様と福太郎」の掛け合いでは、殿様と福太郎の滑稽なやりとりに観客からは、大きな笑いと拍手が上がっていました。今年も、殿様は笑うことなく、神事は終了しました。

 
 

 

 「人権の花」運動 物品贈呈式
  5月9日(水)、 平成30年度「人権の花」運動の指定校として香北小学校・香々美小学校が指定され、物品の贈呈式が開かれました。

 

人権の花運動とは、花を子どもたちが協力して育てることによって、生命の尊さを実感し、その中で豊かな心を育み、やさしさと思いやりの心を体得することを目的とした運動です。

 

贈呈式では、マリーゴールドやサルビアなどの花の種と、それらを育てるプランターなどの物品が子どもたちに手渡されました。

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ