文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 保健福祉課 > 鏡野町こうのとり支援事業について
HOME > くらしの情報 > 健康・子育て・医療 > 鏡野町こうのとり支援事業について
HOME > くらしの情報 > 健康・子育て・医療 > 助成 > 鏡野町こうのとり支援事業について
HOME > くらしの情報 > 健康・子育て・医療 > 医療・助成 > 鏡野町こうのとり支援事業について
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
くらしの情報
消防・防災
届出・証明
税金
健康・子育て・医療
ごみ・環境・動物愛護・墓地
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家について
福祉・介護
消費生活
鏡野町こうのとり支援事業について

令和3年4月1日から「こうのとり支援事業」が変わります!

 

鏡野町では、不妊治療や不育治療を必要とされる方を対象として、治療に取り組みやすい環境を整備するために、治療費の一部を助成しています。

治療の充実を図るため、「こうのとり支援事業」の実施要綱を改正し、助成対象者や助成回数の条件を改正しました。

事業の改正点は、大きく以下の3点になります。

 

改正点1  助成対象者の条件が変わります

鏡野町こうのとり支援事業実施要項の改正により、助成対象の条件を以下のとおり変更しました。

〈新たな助成対象の条件〉

・申請日において、夫婦の双方又はいずれか一方が町内に1年以上継続して住所があること。(夫婦とは、事実婚関係にある方も含みます。)

・この事業に申請する治療に対して、岡山県を除き、他の市町村から同様の助成金等を支給されていないこと。

※上記2件の全てに該当する方が助成の対象となりますが、世帯のどなたかが町民税などの

税を滞納されている場合は、補助ができません。ただし、完納すると申請できます。

 

改正点2  助成回数及び受診年数のリセットができます

鏡野町こうのとり支援事業実施要項の改正により、以下の条件のいずれかに該当する場合は、助成回数及び受診年数のリセットができるようになりましました。

〈リセットの条件〉

・出産した場合。

・妊娠12週以降に死産に至った場合。

 

改正点3  審査がいつでもできるようになりました

助成対象者の条件を確認を行うため、審査を開始する日は、申請した年度の6月1日から開始していましたが、令和3年4月からは都度審査ができるようになりました。

※申請は、治療費の支払いを完了した日の属する年度で申請してください。

 

 

不妊治療及び不育治療の治療費助成の助成金額や回数、申請方法などは以下のとおりです。

事業の対象や条件などの詳細については、こちらの資料をご覧ください。

 

対象治療 ①一般不妊治療 ②特定不妊治療 ③男性不妊治療(※1) ④不育治療
助成金額 年度中10万円まで 1回15万円まで(※2) 1回15万円まで 1回30万円まで
助成回数 回数制限なし 年度中2回まで 年度中2回まで 年度中1回まで
助成年数 通算5年間まで(※3)
備  考
  1. 男性不妊治療は、特定不妊治療の実施に必要な男性不妊治療が助成対象となります。男性不妊治療単体での治療は助成の対象になりません。
  2. 特定不妊治療の助成金額は、1回につき15万円が上限となりますが、治療方法がC及びFの場合は、7万5千円が上限となります。
  3. 鏡野町不妊治療支援事業を利用されていた方は、利用された年数を鏡野町こうのとり支援事業に引き継ぎます。ただし、出産した場合や妊娠12週以降に死産に至った場合は、助成回数及び助成年数をリセットすることができます。

 

 

不妊治療、不育治療の治療費助成の申請に必要な書類は以下のとおりです。

なお、申請前には必要な書類や手順などをご確認の上、ご申請ください。

上記①~④の治療が完了し、治療費の支払いを完了した後に、治療内容に応じて以下の1~3の書類を鏡野町保健福祉課へご提出ください。

以下のの様式は、様式名をクリックすることでWord形式のファイルをダウンロードすることができます。

また、様式名の後ろのをクリックするとPDF形式のファイルをダウンロードすることができます。

 

 

1.①一般不妊治療の治療に係る申請書類
(1) こうのとり支援事業助成金交付申請書及び請求書(様式第1号)  http://www.town.kagamino.lg.jp/wp-content/uploads/2018/01/様式第1号第7条、第10条、第13条関係申請書及び請求書-4.pdf
(2) 不妊に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(一般不妊治療用)(様式第2号)  
(3) 戸籍上の夫婦である事が証明できる書類(住民票、戸籍謄本等)
  (4) 医療機関の発行する領収書の写し

 

2.②特定不妊治療、③男性不妊治療の治療に係る申請書類
(1) こうのとり支援事業助成金交付申請書及び請求書(様式第1号)  
(2) 不妊に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(特定不妊治療用)(様式第3号)  
(3) 戸籍上の夫婦である事が証明できる書類(住民票、戸籍謄本等)
  (4) 医療機関の発行する領収書の写し
(5) 岡山県等の助成金確定通知書の写し

 

3.④不育治療の治療に係る申請書類
(1) こうのとり支援事業助成金交付申請書及び請求書(様式第1号)  
(2) 生殖医療専門医医療機関受診証明書(様式第4号)  
(3) 戸籍上の夫婦である事が証明できる書類(住民票、戸籍謄本等)
(4) 医療機関の発行する領収書の写し
(5) 岡山県等の助成金確定通知書の写し 
(6) 不育に悩む方への治療実施医療機関受診証明書(様式第5号)  

 

事実婚関係にある場合は、上記の各治療に係る申請書類と、事実婚関係にあることの申立書の提出が必要です。

事実婚関係に関する申立書  

 

また、条件によっては、上記の書類以外に提出が必要な証明書類があります。下記の資料をご確認ください。

 

・法律上の夫婦である方に提出していただく証明書類   ・事実婚関係にある方に提出して頂く証明書類

 

 

岡山県でも、特定不妊治療費の助成をしています。詳しくは、下記へ問い合わせください。

岡山県美作保健所  保健課 地域保健班
津山市椿高下114   電話 (0868)23-0148

 

(お問い合わせ先)  鏡野町役場 保健福祉課  電話 (0868)54-2986


ページトップへ