学校沿革

明治 7
明治 8
    
    
明治17
大正 8
昭和16
昭和22
昭和34
昭和59
昭和62
平成 4. 3.31
平成 4 .4. 1
平成 4. 6
平成 4.12
平成 5. 4. 1 
平成 7. 3.16 
平成12. 2. 1 
平成17. 3. 1 
平成18. 4. 1 
平成19~20  
平成20.11.21 
平成21. 4. 1 
平成25.7~ 11 
平成26.7~ 11 
平成27.7~9  
平成28.7~9  
令和 2. 4. 1
令和 3. 2
近知・自励の両小学校(後の久田小学校)開校
拓善小学校(後の羽出小学校)開校
誠実小学校(後の泉小学校)開校
奥津小学校開校
羽出小学校千軒(泉源)分教場開設
羽出小学校西谷分教場開設
国民学校と改称
教育制度改革により小学校と改称
羽出村、奥津村、苫田村が合併し奥津町が発足
羽出小学校泉源分校閉校
羽出小学校西谷分校閉校
久田、泉、羽出、奥津の4小学校閉校
統合奥津小学校が開校
プール完成
コンピュータ16台設置
特殊学級(知的障害)設置
奥津町学校給食共同調理場、学校食堂完成
岡山県学校安全優良校表彰
上斎原村、富村、奥津町、鏡野町が合併し、鏡野町が発足 鏡野町立奥津小学校となる
特別支援学級(情緒障害)設置
岡山県へき地・複式教育研究指定校
岡山県へき地・複式教育研究発表会
特別支援学級(知的障害)設置
大規模改修(管理棟・第1,2特別教室棟)
大規模改修(プール)
大規模改修(体育館)
各教室エアコン設置
奥津小学校の通学区域に上齋原地区が加わる
児童用タブレット設置

 

校歌

 

児童数

学年





2 4 5 3 3 4
4 1 8 3 5 2
6 5 13 6 8 6

R4.04現在