くらしの情報はこちら
引っ越し・出産など身近な事柄に関する疑問はこちらをご覧下さい。
各種届出 税金 医療
子育て 介護 ゴミ
鏡野町について

各課・部署のご案内

  • 鏡野町の人口
総数/13,490人
・男/6,442人
・女/7,048人
・世帯数/5,667戸
(2016/6/30現在)

 

平成22年4月 町のニュース
町のニュース最新号 町のニュースバックナンバー

鏡野町のニュースを掲載していきます

 

就農激励会(3月25日)

 平成20年に石川県からピオーネでの就農を目指して鏡野町に移住し、JAつやまで2年間の農業実務研修を行っていた内田博進さんが3月末で研修を終えることになり、3月25日、JA西部サブセンターで就農激励会が開催されました。

 激励会には研修中に栽培指導を頂いた田渕智之JAつやま西部ぶどう生産部会長の他、JA、町、普及センターから10名が参加しました。

 内田さんは、「ご支援頂いたことをお返しできるよう、地域の一員となって農業に取り組み、将来は若い人の目標となる農家になりたい」と抱負を述べられました。なお、農業実務研修は新規参入者の確保・育成を目的に平成5年から実施しており、岡山県内ではこれまでに128名が研修を経て就農しています。

 マスコットキャラクターの名称は「みずりん」
総合案内所・水の郷奥津湖を運営する第三セクター未来奥津では、昨年末より町が観光PR用に作成した同総合案内所のマスコットキャラクター(水の妖精)の名称を募集していました。このほど、このマスコットの名前が決定し、4月10、11日に同案内所で開催された5周年イベントで、披露されました。
マスコットは、未来奥津の森本博一課長がデザインをし、特徴として四季に合わせた4色の羽があるとのことでした。
 交通安全啓発用品が寄贈されました
 トマト銀行から鏡野町へ交通安全啓発用品の寄贈式が行われ、夜行タスキ50本が寄贈されました。坂手津山支店長は、このタスキで高齢者の交通安全の一助になればと思います。」と話されていました。