文字サイズ
HOME > くらしの情報 > 水道管等の防寒対策について
HOME > くらしの情報 > 上下水道 > 上水道 > 水道管等の防寒対策について
HOME > 未分類 > 水道管等の防寒対策について
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
福祉
くらしの情報
防災
届出・証明
税金
介護保険
健康・子育て・医療
ごみ・環境
住宅・道路・バス
上下水道
広報
農業・林業
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
苫田ダム
公有財産売却情報
空家情報
福祉
水道管等の防寒対策について

 水道管の凍結にご注意ください。

 

 

給水管や蛇口は、気温がマイナス4度以下に(風あたりの強い場所マイナス1~2度以下)なると、凍結して水が出なくなったり、破裂することがあります。
風あたりの強い場所や、家の外にある水道には防寒をしましょう。
なお、長期間水道を使用しない場合には、水道メーターボックス内の止水栓を閉めるか、休止の手続きをお願いします。

 

 

 

(防寒のしかた)

 

露出している給水管や蛇口の部分に保温材を取り付けください。

保温材には、保温に適した耐久性のある市販品があります。
また、身近なものとして毛布、布等でも代用できます。図のように毛布等を巻きつけてその上にビニールテープ等を巻いて水に濡れないようにしてください。(蛇口については、先までつつみましょう。)

   

 

 

 

(水道が凍結で出なくなったら)

 

蛇口を開け、自然にとけるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてとかしてください。
(注)いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますのでご注意ください。

 

 

(凍結で水道管が破裂したら)

 

 

まず、破裂した部分を確認し、水道メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止めてください。

破裂した部分に布、テープ等をしっかりと巻きつけ、針金かひもで縛り水がふき出るのを防いでください。

 

修理については、鏡野町指定給水装置工事事業者で修理してください。
※修理費用はみなさまのご負担となります。

 

鏡野町指定給水装置工事事業者はこちら

 

 

 


ページトップへ