文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成19年3月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成19年3月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

3月17日(土)~19日(月)


人形峠アトムサイエンス館がリニューアルオープンし、開館式が行われました。
町長、県議、施設関係者らによるテープカットの後には一般開放され、この日来場した町内の小学生約40名は、新しくなった9つの展示コーナーなどを巡 り、模型やゲームを通じて発電の仕組みや環境への取り組みについて学習していました。
3月17日(土)~19日(月)
奥津湖総合案内所「みずの郷奥津湖」がオープン2周年を迎え、『みずの郷奥津湖フェスタ』が開催されました。
期間中は3日間にわたり餅投げが行われ、10,000個のお祝いもちやお菓子がふるまわれました。また、お祭り屋台村では特産品を買い求める来場者で賑わいました。

会場入口には早咲きの桜や桃の花が飾られ、少し早く春の訪れを感じました。

3月10日(土)
平成18年度「かがみのっ子表彰式」が鏡野中学校講堂で行われ、町内の小学6年生135名に「スポーツ賞」「リーダーシップ賞」「文学賞」など12の各賞が授与されました。
かがみのっ子表彰は、“地域ぐるみで子どもを見守り育てる”ために、子どもたちの活動や行動を様々な視点から見守り、その子の優れた個性を伸ばすことを目的としています。

式はピアノ演奏によるミニコンサートで始まり、受賞した子どもたち一人ひとりに山崎町長から賞状が手渡されました。

山崎町長からは、「鏡野町で健やかに育つ皆さんを頼もしく思い、今日この賞を贈れる事を大変嬉しく思います。」という祝辞が贈られました。

 


ページトップへ