文字サイズ
HOME > 行政情報 > 町の概要 > 町のニュース > 平成19年5月 町のニュース
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
平成19年5月 町のニュース

鏡野町のニュースを掲載していきます。

5月28日(月)

奥津温泉花美人の里のテンペ工房と、上齋原妖精の森ガラス美術館で、ブルーポピーの展示が行われています。
ブルーポピーは通常、ヒマラヤなどの三千メートル級の山でしか見られませんが、無加温によるハウス栽培が行われ、3年にも渡る試験栽培の結果、ついに開花に成功しました。
5月17日(木)~18日(金)


今夏全国公開予定の映画「釣りバカ日誌18」のロケが5月7日から岡山県内で始まり、鏡野町での撮影が、鏡野町中央公民館で行われました。
17日のロケでは、作中で描かれている瀬戸内海のリゾート開発計画に対する住民説明会のシーンが撮影され、主演の西田敏行さんやヒロインの檀れいさんなどを交え、県内外から約100名のエキストラが撮影に参加しました。
午前9時から始まった撮影は午後7時までと長時間に渡りましたが、最後まで緊張感を保ちながら、順調に撮影が行われました。また、高松市出身の朝原雄三監督からは、エキストラ一人ひとりに細かく演技指導が行われ、クライマックスの場面では、出演者全員による熱のこもった演技が見られました。
鏡野町からは18名のエキストラが参加し、この日撮影に参加した籔木剛臣さんは、「セリフが無いシーンでも表情などで演技を求められて、とても難しかった。」と話していました。
5月14日(月)

7月1日のアユ漁解禁にあわせて、稚魚の放流が行われました。この日は羽出・泉の河川の各ポイントに50~100匹ずつの稚魚が放流されました。
放流された稚魚は、約4割が成魚となって遡上します。
5月4日(金)~5月6日(日)
鏡野町物産館夢広場で、恒例の味覚祭が開催されました。3日間にわたり、郷土芸能の銭太鼓・傘おどりなどが披露され、訪れていた人たちの目を楽しませていました。テントでは鏡野の特産品などが販売され、鏡野地鶏やヤマメなどを買い求める来場者でにぎわいました。
5月1日(火)

第 9回上齋原神社春まつり奉納おんな相撲大会が開催されました。当日はあいにくの雨となり、屋内ゲートボール場へと会場を移して開催されましたが、今年も県 内外から47名の選手が参加し、中には5分以上にもわたる取り組みなど、熱戦が続きました。来場者は、選手全員に熱心な声援を送っていました。優勝した悦 乃海関は、三連覇をめざした横綱コケ山関を見事に破り、3年ぶりの横綱となりました。
閉会後には、横綱コケ山関の引退講演が行われ、地元北海道の郷土芸能が披露されました。

 


ページトップへ