文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > くらし安全課 > 減災に向けたパッシブセンサ実証実験開始
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
減災に向けたパッシブセンサ実証実験開始

 当町では、株式会社NTTデータ中国、古河電気工業株式会社、日本コムシス株式会社中国支店と共同で、全国の自治体で初となる光ファイバ網を活用した、パッシブセンサ実証実験を開始しました。

これは、光ファイバ網の有効活用策の一つとして、光ファイバ方式の雨量計及び水位計を接続し、監視装置で測定・監視を行い、上流の降雨量との関連性を調査・分析し、今後の災害予防対策に役立てる事を目的としています。

当該機器は光ファイバセンサで構成され、センサ部に電源や高価な伝送機器を用いない事により、機器類の故障も少なくなり大幅なコスト削減も見込まれます。

 

NTTデータ中国報道発表資料(H26.4.4)

 

 

                                          鏡野町 くらし安全課


ページトップへ