文字サイズ
HOME > 行政情報 > 各課の仕事 > 住民税務課 > 償却資産(固定資産税)申告の手引
行政情報
町の概要
各課の仕事
まちづくり・計画
広報
議会
財政
選挙
住所変更
町の施設一覧
条例・規則
かがみのふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
個人情報・情報公開
償却資産(固定資産税)申告の手引

 

固定資産税は土地や家屋以外の事業用資産(償却資産)についても課税されることになっています。鏡野町内に事業用資産(償却資産)を所有する法人及び個人で事業を営んでいる方は、申告が必要です。

 

 

平成31年度 申告の提出期限

 

⇒ 平成31年 1月31日(木)

 

 

 

  1. 申告していただく方

 

  工場や商店の経営、駐車場やアパートの貸付けなど、事業を行っている会社や個人の方は、地方税法第383条の規定により、毎年11日に所有する償却資産に関する所定の事項を、申告していただくことになっています。

 

申告していただく際には、以下の点にご留意ください。

 

  (1) 前年中に資産の増減がない場合でも、申告が必要になります。

  (2) 前年中に休業又は廃業された方、事業を行っていても償却資産をお持ちでない方は、その旨を申告書の備考欄に記入して提出してください 。

 

 

 

 

  2.提出書類     書き方などはこちらをご覧ください ⇒ 償却資産申告の手引き PDF

 

提出書類

様式ダウンロード

償却資産申告書

(償却資産課税台帳)

 

種類別明細書

(増加資産・全資産用)

 

(減少資産用)

 

 提出期限が過ぎたため、提出書類のアップロードを停止しています。必要な場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

 

 

3.納税義務者等

1)納税義務者

平成31年度の固定資産税については、平成31年11日現在の所有者が納税義務者となります。 

2)課税標準

賦課期日(11日)現在の評価額が課税標準となります。ただし、課税標準の特例の規定が適用される場合は、評価額に特例率を乗じたものが課税標準となります。

3) 免税点

課税標準の合計額(以下「課税標準額」という。)が150万円未満の場合は課税されません。

4)税率

税率は1.4/100です。

(参考)-計算例-

次の資産内容の場合、固定資産税(償却資産)は、下記のように計算されます。

 

種類

資産の名称

数量

取得年月

取得価額

耐用年数

評価額算定に

係る減価残存率

評価額

1

6

パソコン

4

平成30年5

1,000,000

4

※0.781

781,000

2

6

事務机

キャビネット等

1

平成30年6

1,115,250

15

※0.929

1,036,067

(小数点以下切り捨て)

3

6

デジタル

複写機

1

平成30年8

367,500

5

※0.815

299,512

(小数点以下切り捨て)

(合計)

2,116,579

課税標準額        ×      税率(1.4/100   =   税額

1,000円未満切り捨て)

                                                                          100円未満を切り捨て

     2,116,000         ×          0.014        = 29,624  29,600

 年税額  29,600円 

4.申告書の提出先及びお問い合せ先
鏡野町役場住民税務課  固定資産税係
〒708-0392  岡山県苫田郡鏡野町竹田660     ℡0868-54-2985
奥津振興センタ-
〒708-0421  岡山県苫田郡鏡野町井坂495     ℡0868-52-2211
上齋原振興センタ-
〒708-0601  岡山県苫田郡鏡野町上齋原514-1   ℡0868-44-2111
富振興センタ-
〒708-0701  岡山県苫田郡鏡野町富西谷125-1   ℡0867-57-2111
5.実地調査のお願い

申告書の内容が適正であることを確認するため、地方税法第353条及び第408条の規定に基づいて、決算書や帳簿類を閲覧させていただく実地調査等を行っています。調査の際には、ご協力をお願いします。

 


ページトップへ